電気自動車用バッテリー、2025年までCAGR38%で成長見込み(Lucintel発行レポートより)

Lucintelによると、世界の自動車用バッテリー市場の将来は、2020年から2025年まで38%のCAGRで成長する見込みです。中でも、リチウムイオン電池技術は、電気自動車用バッテリー市場の最大のセグメントであり、平均以上の成長率で成長しています。

業界のダイナミクスに直接影響する新しい技術トレンドには、軽量で高エネルギー密度のリチウムイオン電池の開発が含まれます。

当レポートでは、電気自動車用バッテリー市場について調査し、市場の概要、技術即応度、技術・推進システム・車両タイプ別の市場分析と予測、地域市場における機会、主要企業の製品ポートフォリオ、および主要企業のプロファイルなど、体系的な情報を提供しています。

【当レポートは、次の6つの問いにお答えします】

  • Q1 世界の自動車検知・測距センサー市場において、最も潜在性があり成長の見込まれる技術は何か?
  • Q2 最速で成長するセグメントおよびその理由
  • Q3 様々なテクノロジーのダイナミクスに影響を与える主な要因。また、自動車検知・測距センサー市場におけるこれらの技術の推進要因と課題
  • Q4 自動車検知・測距センサー市場におけるこれらの技術に対するビジネス上のリスクおよび脅威
  • Q5 自動車検知・測距センサー市場における新規の技術開発および開発をリードしている企業
  • Q6 自動車検知・測距センサー市場の主要なプレーヤー。ビジネス成長のために主要プレーヤーが実施している戦略的イニシアチブ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]