航空宇宙・防衛分野の炭素繊維市場、2025年までに約16億米ドル規模へ成長見込み

Lucintelによると、世界の航空宇宙および防衛における炭素繊維市場の将来は、民間航空機、リージョナルジェット、一般航空、ヘリコプター、UAVが創出する機会によって魅力的に見えます。同市場は2025年までに15億6,000万ドルに達すると予想され、2020年から2025年までは4.2%のCAGRが見込まれています。市場の主な原動力は、航空宇宙/防衛産業における高性能軽量材料の需要の増加と、複合材料の含有量が多い先進的な航空機モデルの生産の増加です。

航空宇宙・防衛における炭素繊維市場では、炭素繊維複合材料が商業航空宇宙、リージョナルジェット、ヘリコプター、軍用機、およびUAVで使用されています。Lucintelは、ボーイング787やエアバスA350などの航空機プログラムにおける軽量材料の需要に支えられ、商用航空宇宙が最大のセグメントになると予測しています。UAV向け炭素繊維は、監視用無人車両のニーズの高まり、およびその開発段階における軽量材料の使用増加により、予測期間中に最高の成長を遂げると予想されています。

航空宇宙および防衛産業の炭素繊維市場は前駆体タイプ別に、ポリアクリロニトリルベース(PANベース)とピッチベースの2つに分類されます。

トウサイズでは、スモールトウ(24k未満)は、その高抗張力ゆえ主に航空宇宙産業で使用されており、予測期間中に著しい成長が見込まれます。モジュラスでは、標準モジュラスが予測期間中、最大のセグメントを維持すると予想されます。

予測期間中、北米が最大の市場を維持する見込みです。炭素繊維の含有量の増加とB787およびB777の航空機配送の成長が、北米の航空宇宙および防衛市場での炭素繊維の成長を牽引しています。

業界のダイナミクスに直接影響を与える新たなトレンドには、連続繊維強化熱可塑性プラスチックの需要の増加や、炭素繊維のリサイクルへの取り組みの拡大が含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]