マイクロフルフィルメント市場、2026年までに2000台のMFCの設置が見込まれる 今後6年間で100億米ドル相当の累積機会も

マイクロフルフィルメントセンター(MFC)は、高く推奨されている人気のある電子商取引戦略であり、取引量の増加、電子商取引需要の地域的性質の変化、当日配送への欲求の高まりに対応するための効果的な方法です。最新の市場調査によると、マイクロフルフィルメント市場は、技術とコンセプトさえ変わらなければ、2026年までに2000台のMFCが設置され、今後6年間で累積100億米ドルの市場機会があると予想されます。2022年にマイクロフルフィルメント市場は10億米ドルに達し、将来のための基盤を築く基礎になると考えられます。さらに、2030年までに米国の食料品店計4万店舗のうち、10店舗ごとにMFCが設けられると予測されます。マイクロフルフィルメントは米国を中心に発展しています。

食料品店の声と意見は、同市場の予測のための重要なパラメータとして採用されています。マイクロフルフィルメント市場は、現在の市場規模と比較して、2025年までに10倍に到達すると報告されています。

マイクロフルフィルメント – 時間の必要性

Amazon、Walmart、Ocado、Kroger、Alibabaなどの業界大手は、過去10年間、最高レベルの電子商取引フルフィルメント戦略を推進してきました。これらの大手企業はまた、カスタマーフルフィルメントセンター(CFC)のために最先端のロボットや自動化に投資しており、目標とする生産性とサービスレベルを絶えず再定義しています。しかし、これらの集中型フルフィルメントセンターは都心から遠く離れた場所にあり、特に食料品や食品飲料業界では、消費者の期待に比べて配送時間が長くなる上に、追加の輸送コストがかかります。この、オンライン食料品の低い利益率に対し、マイクロフルフィルメントは、その利益率を高める能力を持っており、コストを削減することができるため、より広範に小売業者が電子商取引を利用できるようにする仕組みを備えています。

重要なファクター

2025年までに米国の食料品販売は、全体の10%以上をオンライン食料品が占めるようになると予測されています。それは消費者がパンデミックの間に定着したオンラインでの食料品購入が継続されるという推測からの数値です。配達方法は、宅配便、インストアピックアップ、商品の店先受け取り、ロッカー配信など、さまざまなケースが考えられます。

自動化された都市部の倉庫は、同日配達の需要を満たすための鍵となります。配達料は、デジタルチャネルを決定づけるための重要な要因の一つです。マイクロフルフィルメントの早期採用者は、オンライン食料品市場を支配すると予測できます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]