AGV・AMRの市場規模、2026年までに140億米ドルに迫る勢い データプラットフォームやリモートセンシングなど新しい用途も

序章

AGV・AMRなどモバイルロボット市場は、物流や製造業における倉庫施設のスペースの最適化を可能にし、新たにコストのかかるグリーンフィールドのフルフィルメントセンターや物流センターの必要性を減らすことができます。建設中の新しい物流センターは、ロボットなどの自動化を念頭に置いて進められています。これらのロボットシステムは柔軟性があり、要件に応じて追加または削除することができます。しかし、人工知能(AI)、マシンビジョン、自動ピッキングと配置のための操作能力、ロボット力学の進歩により、物流や製造業とは別に、自律移動ロボット(AMR)や無人搬送車(AGV)の新たなアプリケーションの登場が見受けられます。

AGV・AMR市場は2026年まで約35%のCAGRで成長し、132億米ドルに達すると予想されています。今後5年間で移動ロボットを日常業務におけるニューノーマルにするため、AGVとAMRの設置台数は、計150万台を超える見込みです。

重要事項および課題

製造・物流分野では、継続的な成長と持続可能性のために、インダストリー4.0およびサプライチェーン4.0の取り組みの一環として、自動化が重要視されています。ロボティクスは、この自動化の重要な要素です。

eコマースの成長は、倉庫自動化におけるAGV-AMRの需要な推進力となっています。世界のeコマース売上高は過去10年間にCAGR20%で成長し、2019年には3兆5000億米ドルに達しました。2026年には7兆5000億米ドルに達すると予測されています。売上高に占めるオンライン小売の割合は、全体の2%から13%に成長し、2026年には22%にまで達すると予想されています。

先進国を中心に人件費や賃金率の高さが目立ちます。フォークリフトオペレーターの年間コストは5万米ドルにもなります。フォークリフトを24時間稼働させなければならない場合、少なくとも3、4人のドライバーが必要となります。人件費にフォークリフト1台分の1万米ドルの投資コストを加えると、フォークリフト1台分の年間コストは20万米ドル以上になります。

人工知能とディープラーニングも転換期にあり、複数の業界を巻き込み、現在の倉庫の運営方法に影響を与えることが考えられます。2017年にはRightHand Robotics社がRightPickと呼ばれるソリューションを発表し、人間の作業員と同等の速度で、1時間あたり500個から600個のアイテムをピッキングすることができるようになりました。機械学習と人工知能は、幅広い自動化システムの柔軟性と使いやすさを大幅に向上させることで、ピッキング技術に対するマシンビジョンのメリットをはるかに超えて、物流自動化に影響を与えることになると予測されます。

エンドユーザーは、RoIを検証するためのパイロットランのための十分なCapExを持っていないため、RaaSやさまざまなリースオプションによって、先行投資を削減することができます。現在では、Pay Per Pick、Pay Per Mile、Pay Per Peak Dayなどのオプションが用意されており、運用コストとRaaSコストのバランスを取ることができます。

AGV-AMR市場のハイライト

パンデミックの状況下にもかかわらず、業界は順調に成長しており、2020年には25億米ドルの売上が見込まれ、約6万台の移動ロボット(AGVとAMR)が出荷されると予想されました。

QRコードに続いて、LiDAR、ビジョンカメラ、センサーフュージョンは、柔軟性、安全性、精度の高さから見ても、この分野で商業化される主要なナビゲーション技術と言えます。センサーフュージョンAMRは、70%の成長率で成長すると予想されています。ナビゲーション技術とソフトウェアの専門企業(オートノミーサービスプロバイダ)が、AIとマシンビジョンの助けを借りて、モバイルロボットメーカーを支援しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]