ウェアハウスオートメーションの市場規模、2026年には300億米ドルに到達 自動化によるスペースの節約は最大85%、運用コストの削減は最大65%

ウェアハウスオートメーションの市場規模は、2026年には300億米ドルに達し、2020年から2026年はCAGR14%で成長すると予測されています。

パンデミック以前から倉庫の自動化はすでに活発になっていましたが、COVID-19の世界的な大流行により、ウェアハウスのオートメーション化は必須な戦略となりました。COVID-19の大流行から学んだことは、高齢化、グローバル化、健康と安全、モビリティ、グリーン物流、自律型世界、都市化、個人化、デジタル化などのメガトレンドに対し、これまで以上にどんな挑戦にも備えることができるように、長期的なビジョンを持つ配慮が必要であるという事です。

世界のeコマースの売上高は過去10年間で20%のCAGRで成長し、2019年の3兆5000億米ドルから、2026年には7兆5000億米ドルへ成長すると予測されています。オンライン小売の売上高に占める割合は、全体の約2%から約13%に増加し、2026年には22%へさらに拡大すると予測されています。

COVID-19と、eコマース、小売業、3PLロジスティクスにおける消費者需要の構造的な傾向により、ウェアハウスオートメーションの成長に市場機会が見られます。今回のパンデミックによるロックダウンや経済的苦境により、小売やeコマースが一時的に減少したにもかかわらず、2020年にはウェアハウスオートメーションの受注が好調に推移しており、2021年または2022年のシステムインテグレーターやメーカーの収益に反映される可能性があります。

自動化は顧客満足のために必須です。eコマースの顧客の要求を満たすには、コストと運用の複雑さを抑えるためにウェアハウスオートメーションの採用を増やす必要があります。オンライン小売業は基本的に物流ビジネスであり、在庫管理、注文処理、配送機能のコスト削減による利益率の向上が求められています。

スケーラブルなソリューションにより、eコマースとオンライン食料品の販売が2桁成長し、プレーヤーは需要に対応するために容量を拡張するようになっています。ウェアハウスオートメーションソリューションはスケールに合わせて構築されており、手動セットアップよりも高い出力と正確な注文処理を、より低い運用コストで実現することができます。そのうえ、顧客満足度を高めるだけでなく、配送時間の短縮や誤発注のコストを削減することで利益率を向上させることができます。

倉庫の設置面積の削減による空間的な節約は最大85%、運用コストの削減は最大65%になります。スペースの節約は、主にSKU(Stock Keeping Unit)をより高く、より高密度に保存することによって達成され、運用コストの削減は、手作業の需要の減少に起因します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]