ウェアハウスオートメーションの市場規模、2022年からCAGR15%で成長し、2027年に410億米ドル到達予測

2021年は、ウェアハウスオートメーション企業に膨大な受注が記録された年です。しかし、サプライチェーンの制約により収益成長は制限されました。その後、業界は2022年に記録的な受注残を達成し、市場の将来性を示すこととなりました。2021年の受注額は50億米ドル超でDematic社がトップを占有し、次いでHoneywell Intelligrated社(50%YoY成長)、ダイフク社(30%YoY成長)と続きました。

ウェアハウスオートメーション市場は2022年から2027年の間にCAGR15%で成長し、2027年に410億米ドルに達すると予想されています。同市場の成長の背景には、eコマース業界の成長、マルチチャンネル流通チャネル、ダークストアや超高速配送サービスによるe食料品の普及、サプライチェーンネットワークのグローバル化、自律移動型ロボットの出現、同日・同時間指定配送のニーズの高まりが挙げられます。電子商取引のブームは、グローバル・ロジスティクス業界が直面する労働問題をさらに深刻化させています。出荷量の急増だけでなく、オンライン小売業では通常、実店舗の小売業よりも商品1つあたりの作業が多くなります。実際、従来の実店舗での大量輸送モデルとは対照的に、オンラインでの購入には個別のピッキング、梱包、発送が必要です。

倉庫の自動化は以前から進められていたものですが、世界的なCOVID-19の大流行により、企業はこの戦略を必然として認識するようになりました。高齢化、グローバル化、健康と安全、モビリティ、グリーンロジスティクス、自律的世界、都市化、個人化、デジタル化などのトレンドは、長期的なビジョンを持って対応し、あらゆる事態に対して準備を整える必要があります。

パンデミック以降、最も重要で新たなトレンドに、電子食料品の増加、マイクロフルフィルメントセンター、ダークストア、自動冷蔵倉庫などの存在があります。Takeoff technologies、Fabric、Attabotics、Exotec Solutions、Hai Robotics、Addverb Technologies、SEER, Dexterity、Nuro, Youibotなどの新興企業への巨額の投資は、Dematic, Honeywell intelligrated、SSI Schafer, Knapp、Daifuku、Muratec、AutoStore、Toyota Advance Logisticsなどの大手企業の存在とともに、その成長に貢献することとなりました。Walmart、Kroger、Coop、Woolworths、Amazon、Ocado、Meijer、Carrefour、H-E-B、Albertsons、Ahold Delhaizeなどの小売業者は、パンデミックの状況下において、これらの新技術を採用し実装し始めています。一方で、Righthand Robotics、Nimble、Fizyr、Kindred、Covariant、OSARO、Plus One Robotics、Berkshire Grey、AWLなどのピースピッキングプレーヤーは、ピッキングプロセスが自動化されていなかったため、eコマースのフルフィルメントにおけるオーダーピッキングに新たな機能を確立しました。

分析的洞察

米国、中国、ドイツは、ウェアハウスオートメーションの需要、OEMやシステムインテグレーターの存在ともに50%以上のシェアを持つ最大市場です。欧州では、ドイツ、イタリア、フランス、オランダ、スペインが強い存在感を示しており、OEMの大きなハブとなっています。西欧は、世界全体の30%を占める大市場となっています。一方、急成長している市場の多くはAPAC(アジア太平洋)に集中しており、特にインドと東南アジアが際立っています。中東は、この地域でサービスを拡大しようとしている欧州のプレーヤーにとって、エキサイティングな市場となっています。中南米は、オートメーションの普及率がまだ高くありませんが、状況は変わりつつあり、ブラジルとメキシコで市場が大きく成長することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]