がん生物学的毒素療法市場、予測期間(~2026年)中2桁のCAGR率で力強く成長見込み

世界中でがんの罹患率や死亡率が急速に上昇していることから、特定の疾患が研究者の注意を必要としていることが認識され、関心が高まっています。ここ数年、がんを対象とした研究活動により、研究室で得られたいくつかの成果が商業的に利用されるようになってきました。その中のひとつ、がんの生物学的毒素の開発は、さまざまな研究センターで行われたトランスレーショナルリサーチから生まれた新技術施設の一形態です。過去数年間に何百人もの研究者によって開発・再定義された治療法は、前臨床研究だけでなく臨床研究においても有望ながん標的を促進することが確認されています。達成された持続的な成果と、将来のがん治療の展望を変える幅広い応用という点で、この市場の包括的な見通しは明るいと言えます。

何百もの他のがん治療法ががん患者の治療に適用できない中で、がん生物学的毒素療法は想像を超える製品として認知されています。登場以来、この市場は、がんの発生と進行に関連する医療問題全体を解決するだけでなく、全生存率に関しても先を行っています。今日、いくつかの医薬品メーカーは、従来の考え方を変え、市場拡大のために研究開発部門の役割を再定義することで、市場のバリューチェーンを高めることに取り組んでいます。

がん治療市場に登場して以来、この毒素療法は、単なる治療法から何百万人もの患者さんの標準的な治療法の一つになることで、今日のがんの課題を再構成することに成功しています。このような背景から、市場は着実に成長しており、今後数年間で市場規模が大幅に拡大することが予想されます。また、この市場では、病気のライフスタイルがより一般的になってきていることから、研究者が様々な種類のがん患者に対する治療法の隠れた可能性を引き出すために、この市場で入手可能な医薬品の需要が増加すると予測されています。

従来、がん生物学的製剤市場は、優れた研究開発活動を行うことにより、がん細胞の完全な除去という点で価値を提供する傾向にありました。しかし、がんに関連する臨床・研究活動が大幅に増加した重要な理由は、過去数十年間に他の利用可能ながん治療法が生み出した大変革にあります。その結果、がん治療業界全体が大きく変化し、原核生物から分離した毒素を用いてがん細胞を死滅させる治療法が登場したのです。これまでに研究者たちは、がん細胞を殺すための生物学的毒素をさまざまな生物から分離し、その発現を研究することに成功してきましたが、最も研究されているのはClostridium botulinumという細菌です。

ボツリヌス菌をはじめとするいくつかの細菌は、がん患者に最高の効果を約束しています。また、このような生物から分離された毒素が医薬品に変換されることで、この治療法は世界レベルで最も売れているがん治療法の上位に入るようになりました。現在進行中のいくつかのプロセスと過去の一定の成果により、この市場は今後も2桁のCAGR率で力強い成長を続けると予想されます。市場には数多くのパラメータが存在し、それらが原動力となっています。市場を牽引する要因としては、がん患者数の増加、がん死亡率の上昇、がん生物学的製剤の応用に関する意識の高まり、市場で入手可能な他の治療法の高い失敗率などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]