二重特異性抗体市場、2028年に300億米ドル規模到達見込み

二重特異性抗体市場の概要および動向

二重特異性抗体市場では現在、600以上の二重特異性抗体が臨床試験中であり、7つの二重特異性抗体が承認されています。同市場は2028年に300億米ドル規模に到達すると予想されています。

ここ数年、二重特異性抗体は医薬品市場で注目を集めています。その言葉通り、二重特異性とは二重の特異性を意味し、標的リガンドに作用します。二重特異性抗体は、その特異性や病気を軽減する能力など、作用の仕方によって明らかな効能を有しています。この不思議な分子の特性により、抗体医薬のレパートリーは、新しい治療分野、製品形態、タンパク質構造へと広がっています。抗体/抗原の標的化、結合、特異性の制御は、この分野の研究者やメーカーにとって新たな次元の重要性を帯びてきています。

現在、7つの二重特異性抗体が承認されています。2022年は、半期ごとに4つの二重特異性抗体が承認されるため、節目の年と考えられています。2022年2月、米国FDAはバビスモを血管新生型加齢黄斑変性症(AMD)および糖尿病性黄斑浮腫(DME)の治療薬として承認しました。その後、欧州連合は、濾胞性リンパ腫の管理にルンスミオを、再発難治性多発性骨髄腫(RRMM)の成人患者にテクバイリを承認しています。さらに、中国でも、アケソ製薬が独自に開発した新規かつ次世代のファーストインクラスPD-1/CTLA-4免疫腫瘍基幹薬であるカドニリマブ(AK104)が承認されています。

過去数年間、このセグメントでは、様々な大手企業が臨床パイプラインで二重特異性アプローチに取り組み、複数の提携やパートナーシップを結んでいることが確認されています。例えば、WuXi BiologicsはImmuneOncia Therapeuticsと、PD-L1およびCD47を標的とするImmuneOnciaの治療用二重特異性抗体IOH-001の開発および製造に関して覚書を締結しています。この提携により、ImmuneOnciaは、細胞株開発、細胞培養開発、生物製剤製造、バイオアッセイ開発におけるWuXi Biologicsの統合サービスを利用することができます。また、IOH-001の治験薬(IND)申請に向けたCMC試験全般において、WuXi BiologicsがImmuneOnciaをサポートします。

もう一つは、Xencor社とJanssen Biotech社との間で、プラモタマブおよびCD28共刺激受容体を介して、T細胞を条件付きで活性化する新規XmAb® B細胞標的二重特異性抗体の開発・商業化に関する独占提携および全世界でのライセンス契約が締結されたことです。プラモタマブはCD20 x CD3 XmAb二重特異性抗体で、現在、CD20発現の血液悪性腫瘍患者を対象とした第1相用量漸増試験が終了しています。このような大手製薬企業の動向は、市場の成長を促進する大きな要因の一つとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]