キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法市場、2028年までに150億米ドル規模超過見込み

市場の概要および動向

キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法は、がんの治療に用いられる新しい免疫療法です。CAR T細胞療法は、患者の血液からT細胞を採取し、研究所で人工の受容体(キメラ抗原受容体)の遺伝子を追加して改変する治療法の一種です。これにより、特定のがん細胞抗原をよりよく認識することができるようになります。CAR T細胞はその後、患者に戻されます。現在までに、Kymriah(tisagenlecleucel)、yescarta(axicabtagene)、Tecartus(brexucabtagene autoleucel)、Breyanzi(lisocabtagene maraleucel)、Carvykti(ciltacabtagene autoleucel)、Abecma(idecabtagene vicleucel)など6つのCAR T細胞療法製品は幅広い癌の管理に対して、FDAによって承認されています。さらに、Relmacabtagene autoleucelは中国で承認されています。

CAR T細胞療法の導入は、短期間で高い普及率を示しており、この分野でのさらなる研究開発活動を後押ししています。血液悪性腫瘍以外にも、研究者は固形腫瘍におけるCAR T細胞療法の役割を拡大しつつあり、市場の成長を推進すると予想されます。例えば、最近の研究では、患者に免疫細胞を注入することで、消化器系の腫瘍を縮小させることに成功し、早期に有望であることが実証されました。中間報告では、これまでに37人の患者のうち50%近くで、治療後に腫瘍が縮小したことが実証されています。

世界のCAR T細胞療法市場は、いくつかの主要なプレーヤーによって高度に統合されています。製薬大手は、CAR-T療法を向上させるため、あるいは地理的なプレゼンスを拡大するために、先端技術を統合する技術系企業との提携や共同開発をますます進めています。例えば、BayerとAtara Biotherapeuticsは、メソセリン誘導型次世代CAR-T細胞療法であるATA3271の開発に関する世界規模のライセンス契約を締結しています。また、悪性胸膜中皮腫や非小細胞肺癌などメソセリン高発現腫瘍を対象としたATA2271の開発にも合意しています。

薬剤の種類では、現在、Yescartaが市場を席巻しています。Yescarta(axicabtagene ciloleucel)は、CD19指向の遺伝子組み換え自己T細胞免疫療法で、びまん性大B細胞リンパ腫を含む2ライン以上の全身療法後の再発または難治性大B細胞リンパ腫の成人患者の治療に適応されます。最近2022年には、規制当局が、一次化学免疫療法に不応な、または一次化学療法から1年以内に再発した大細胞型B細胞リンパ腫(LBCL)の管理薬として、本剤の承認を拡大しました。また、適応症の広さだけでなく、世界的に入手可能であることが、これらの要因の優位性を支える主要な要因となっています。

世界のCAR T細胞療法市場は、2028年までに150億米ドル規模を超えると予想されています。CAR T細胞療法の開発は、ガイド療法への投資家、設計者、アナリストの増加から勢いを増すと予測されています。世界的な癌の発生数の上昇と、信頼性が高く効果的な癌治療のための絶え間ない技術進歩が、世界のCAR T細胞療法市場の成長を支えると期待されています。さらに、細胞治療における臨床研究開発への多額の投資が、今後数年間でCAR T細胞治療市場を押し上げると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]