リンパ腫抗体治療法市場、2028年までに60億米ドル規模超過見込み

市場の概要および動向

ここ数年、免疫療法の分野では目覚しい進歩がありました。リンパ腫を含む様々な癌の治療において、異なるターゲティングメカニズムに基づく複数の免疫療法アプローチが標準的な治療方法として登場しました。その中で、抗体免疫療法は、手術、放射線、化学療法と並んで、リンパ腫治療の中心的な治療法として位置づけられています。これは主に、特異性、選択性、標的性の面で、いくつかの利点があることに起因しています。

現在までに、リツキシマブ、モンジュビ、キイトルーダなど、いくつかのモノクローナル抗体がリンパ腫の治療薬として承認されており、市場での高い採用率を示しています。その効果をさらに高めるために、研究者は抗体薬物複合体を開発してきました。現在、ポリビ、アドセトリス、ジンロンタの3つの抗体薬物複合体が、リンパ腫の治療薬として承認されています。これらの治療薬が登場して以来、世界市場で高い採用率を示しており、この分野におけるさらなる研究開発活動へとつながっています。現在、世界のリンパ腫抗体治療法市場では、150以上の臨床試験が進行中です。

バイオテクノロジー分野の進歩や活発な研究開発活動により、従来のモノクローナル抗体よりも強力かつ特異的に設計された次世代抗体の導入が進んでいます。二重特異性抗体はまだ市場に導入されていませんが、現在この分野で多くの臨床試験が進行中であることから、今後数年間で大きなシェアを占めると考えられています。例えば、ジェンマブ独自のデュオボディ技術によって開発されたエプコリタマブは、IgG1二重特異性抗体で、現在、第1/2相臨床試験が行われています。予備的な結果では、再発・難治性の大細胞型B細胞リンパ腫の治療において、有望な反応が確認されています。

世界のリンパ腫抗体治療法市場は、2028年までに60億米ドル規模を超えると予想されています。世界のリンパ腫抗体治療法市場は、主にこの疾患に関連する高いアンメット臨床ニーズと新たな製品の上市により、目覚しい成長を遂げると予測されています。また、有望な医薬品パイプラインと治療パターンの進化が、市場の成長を大きく後押しする要因となっています。さらに、リンパ腫の有病率の上昇、さまざまな政府からの資金提供の増加、個人の意識の高まり、規制当局が提供する承認の迅速化などの要因も、市場成長の推進力として作用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]