PARP阻害剤市場、2028年までに60億米ドル規模超過見込み

市場の概要および動向

ゲノム研究の結果、DNA損傷応答(DDR)の変化が、癌の発生と進行の両方に関連する新たな特徴であることが明らかになりました。また、化学療法や放射線療法などの抗癌剤は癌細胞のDNA損傷を誘発するため、DDRの変化がこれらの治療に対する抵抗性に関与していることが明らかになっています。そのため、DDRを標的とすることで、癌患者の治療と生存率が大きく改善されると考えられています。現在研究されている著名なDDRタンパク質ファミリーの1つがポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)酵素で、これは癌管理のための潜在的な治療標的として浮上してきました。

科学者たちは、PARP酵素の触媒ドメインに結合することで機能するいくつかのPARP阻害剤を開発しました。PARP阻害剤(オラパリブ、ニラパリブ、ルカパリブ、タラゾパリブ)は現在、米国FDAおよびEMAから単剤療法として承認されています。現在販売されているPARP阻害剤は、乳癌、卵巣癌、卵管癌;原発性腹膜癌、膵臓癌の治療薬として承認されています。これに加えて、多数のPARP阻害剤が臨床開発段階にあり、2028年までの予測期間中に承認されることが期待されています。

例えば、Impact Therapeutics社が開発したセナパリブ(IMP4297)は、PARP(ポリADPリボースポリメラーゼ)を標的として作用する治験薬です。同社は現在、中国とオーストラリアでセナパリブの2つの第1相臨床試験を実施しています。現在までに、約100名の患者がセナパリブの治療を受けており、初期の結果では、良好な反応が確認されています。現在市販されている他のPARP阻害剤や臨床試験中の薬剤と比較すると、セナパリブは治療域が広く、安全性プロファイルも優れています。このため、セナパリブは、維持療法など慢性的に薬剤を服用する患者に適している可能性があります。さらに、研究者らは、セナパリブと他の癌標的薬との併用も望ましい結果が得られると考えています。したがって、セナパリブは今後数年間で、クラス最高のPARP阻害剤となる可能性を秘めています。

PARP阻害剤は、単独療法としての役割とは別に、免疫療法、PI3K、MEK、CDK 4/6阻害剤を含む他の治療薬との併用も有望であることが示されています。さらに、PARP阻害剤と化学療法や放射線療法などのDNA損傷剤との併用により、治療による損傷の修復が妨げられることが明らかにされています。これらのアプローチは、卵巣癌や乳癌において広く研究されています。PARP阻害剤は、幅広い種類の癌の治療において、その有効性、特異性、標的性を高めるため、今後数年間は併用療法が優勢になると予想されます。

PARP阻害剤の世界市場は2028年までに60億米ドル規模を超えると予想されています。癌を発症するリスクの高い高齢者人口の増加、研究開発の重視、進行中の多数の臨床試験などのいくつかの要因が、市場の成長を押し上げる主な要因となっています。さらに、ライフサイエンス企業に対する政府の有利な政策や政府の資金援助も、予測期間におけるPARP阻害剤の需要を押し上げると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]