ガンマ・デルタT細胞癌療法市場、2028年までに400万米ドル規模超過見込み

市場の概要および動向

T細胞ベースの免疫療法の導入は、癌治療のパラダイムに大きな変革をもたらしました。臨床研究の進展と技術革新により、ガンマ・デルタT細胞と呼ばれる小さなT細胞のサブセットが同定されました。ガンマ・デルタT細胞は、T細胞集団の約1~5%を占めるマイナーなT細胞で、そのユニークな生物学的性質と従来のT細胞よりも優れた性質から、養子免疫療法の有望な候補細胞として注目されています。その発見以来、科学者たちはガンマ・デルタT細胞の可能性を癌の治療に利用してきました。

ガンマ・デルタT細胞療法は、臨床開発中の最も有望なT細胞療法の一つであり、製薬会社の急速な研究開発活動がそれを示しています。市場の主要企業は、ガンマ・デルタT細胞療法に関する有望な前臨床および臨床データを発表しています。例えば、2022年には、In8bio社がINB-200の進行中の第I相臨床試験に関する最新情報を提供しました。この新しいガンマ・デルタT細胞製品は、管理可能な安全性プロファイルと有望な無増悪生存率および全生存率を示しています。臨床試験から得られた有望なデータは、癌治療におけるガンマ・デルタT細胞療法の明るい展望を示唆しています。

癌以外にも、研究者はHIV、COVID-19、その他のウイルス感染症など、他の疾患の管理におけるガンマ・デルタT細胞療法の役割を拡大しつつあります。最近、エノクシャン・バイオサイエンシズは、自己のナチュラルキラーT細胞とガンマ・デルタT細胞を組み合わせた細胞治療について、米国FDAが試験的新薬承認申請を受理したことを発表しました。また、前臨床試験において、ウイルス感染症におけるガンマ・デルタT細胞の生得的な関与が示唆されています。今後数年間は、これらの研究が臨床試験に反映され、市場の成長をさらに後押しすると予測されています。。

米国は、現在進行中の多数の臨床試験、主要企業の存在、業界の様々なステークホルダーからの取り組みの増加により、ガンマ・デルタT細胞療法の開発における世界的なイニシアチブを現在掌握しています。これとは別に、米国FDAはガンマT細胞療法に希少薬指定を付与し、医薬品開発プロセスを後押しするいくつかの金銭的および非金銭的なインセンティブを提供しています。例えば、2021年に米国FDAは、急性骨髄性白血病のためのGDX012と慢性リンパ性白血病のためのLAVA-051を含む2つのガンマ・デルタT細胞療法にオーファンドラッグ指定を付与しています。

ガンマ・デルタT細胞癌療法の世界市場は、2028年までに400万米ドル規模を超えると予想されています。癌罹患率の上昇とそれに伴う効果的な治療薬の入手不可能性が、今後数年間の市場成長を促進するものと予測されています。また、新製品の発売、製薬会社による継続的な投資、政府の取り組み強化も市場の成長に寄与すると予想されます。

市場の競合状況

製薬大手企業による投資の増加により、ガンマ・デルタT細胞治療薬の強力な臨床パイプラインが開発されています。市場で事業を展開している主な企業は、Acopedia、武田薬品工業、Lava Therapeutics、TC Biopharma、Cytomed Therapeutics、Gamma delta Therapeutics、Adapate Therapeuticsなどが挙げられます。臨床パイプラインにある主な医薬品には、INB-200、LAVA-051、ADI-001、TCB-007、ACE-1813、KB-PD1、その他数種類が含まれます。これとは別に、いくつかの製薬大手企業は、市場での地位を維持するために、提携、合併、その他のアライアンスを締結しています。2022年1月、武田薬品はAdapate Therapeuticsを買収するオプションの行使を発表しました。この買収により、武田薬品は、前臨床候補化合物および探索パイプラインプログラムを含むAdapate抗体ベースのガンマ・デルタT細胞エンゲージャー・プラットフォームを獲得することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]