線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)阻害剤市場、2026年まで大きく成長見込み

がん分野における低分子治療の最近の躍進は、がんの生存率を向上させるという点で目覚ましい成果を上げています。膀胱がん、乳がん、肺がん、胃がん、リンパ腫、骨髄腫など、さまざまな種類のがんの治療に広く使われています。線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)阻害剤は、短期間のうちにあらゆる課題を克服し、この治療法の有用性が高く評価されている段階に至っています。

FGFRの変異や過剰発現は、がんの管理に理想的なターゲットとなり、このクラスの治療の可能性を探っている研究者のほとんどが、このアプローチの有益な効果を結論付けています。さらに、FGFRの変化は希少ながんにも見られるため、このアプローチは、治療不可能な希少ながんの治療に重要な役割を果たす可能性があります。現在、FGFR阻害剤の市場は初期段階にあり、このクラスで承認された3つの製品(バルベルサ、ペミガチニブ、インフィグラチニブ)の売上が牽引しています。バルベルサは膀胱がんの治療に、ペミガチニブとインフィグラチニブは胆管がんと呼ばれる希少がんの治療に推奨されています。また、このクラスの多くの新薬が今後オーファン指定を受けると考えられており、それがこのセグメントの市場規模をさらに押し上げると考えられます。

バルベルサは、欧州や日本などの主要地域で承認された後、売上高が飛躍的に伸びると予想されており、市場を牽引すると考えられます。FGFR阻害剤の市場規模は、2020年には約1億ドルと推定されていますが、市場に関連するほとんどの要因が、近い将来にこのセグメントが受け入れられるようになることを示しているため、2026年までに80%以上のCAGRで成長すると考えられています。さらに、米国は多数のがん患者を抱えており、大手製薬会社が存在することから、FGFR市場をリードすると考えられます。米国では、このクラスの3つの薬剤がすべて揃っているため、医薬品の承認プロセスが簡素化されており、したがって、新しいFGFR阻害剤のほとんどは、まずこの地域で承認を得ることになるでしょう。    

FGFR阻害剤の市場への浸透性と商業化を向上させるために、大手製薬会社はCROや開発企業の地域製薬会社と提携することが予想され、これによりアジア太平洋、中東、ラテンアメリカなどの地域でこの新規セグメントの市場規模が拡大すると考えられます。この分野で活動している主要な製薬会社は、アムジェン、アステムファーマ、アストラゼンカ、バイエル、BMS、インサイト、ロシュ、大鵬薬品、ヤンセンファーマ、ノバルティスなどで、他にも多くの企業が前臨床研究でFGFR阻害剤の開発に取り組んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]