二重特異性がん抗体市場、2015年から2020年まで121%のCAGRで成長遂げる

モノクローナル抗体市場で得られた独自の成果は、二重特異性がん抗体市場(バイスペシフィックがん抗体)という新たな抗体市場の波を生み出しました。二重特異性がん抗体市場は、非常に重要かつ革新的な方法で、がん研究者に、さまざまな種類のがんに苦しむ患者が受ける医療上の利益を増大させることを促しました。この市場で販売されている薬剤は、がん抗原の表面に存在する2つの特異的な分子を標的とするという手順を踏んでいます。このことは、前臨床および臨床試験で確認されており、他の治療法に抵抗性を示した患者に有望な治療結果をもたらすものと期待されています。

現在、Blincyto、Hemlibra、Rybrevantの3つが市販されており、Hemlibraが世界の二重特異性がん抗体市場の85%以上を占めています。

ここ数年、世界の二重特異性がん抗体市場は、早期がん、末期がん、固形がんなど、さまざまなタイプのがんに対する臨床評価をクリアしてきました。より正確には、すべてのサブタイプのがんで高度に差別化された分子を標的とする独自性と必須のアプローチにより、国際的なレベルでこの治療法が活用されています。数十年前にがん治療にモノクローナル抗体療法が導入されたにもかかわらず、数年前に研究者たちは、1つの抗体が2つの標的に作用する能力を追加するというアプリケーションを認識するようになりました。製薬市場の技術の進歩は、科学と医学の進歩のおかげであり、この治療法は、がん治療薬市場全体を進歩と科学的成果の新たな時代へと導いていると予測されます。

2015年に初めて二重特異性抗体が承認・発売されて以来、世界の二重特異性がん抗体市場は2020年まで121%のCAGRで成長を遂げています。

さらに、がん細胞上に存在する表面抗原に関する知識が絶えず増加しており、抗原の配列に対してプローブを生成することができるいくつかの異なるツールも、研究者が二重特異性がん抗体のアプリケーションによって、がん治療薬市場で観察される複雑な課題に対処することを後押しすると考えられます。二重特異性抗体は、従来の化学療法や放射線療法、低分子抗がん剤治療のような新しい治療法など、他の実行可能で市販されているすべてのがん治療法にとって、競争環境上の大いなる脅威となると考えられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]