EZH2阻害剤市場、2020年から2026年まで8,000%以上の驚異的な成長遂げる見込み

次世代シーケンサーの登場により、がんにおける複数の新規分子変化が同定されるようになりました。DNAメチル化やヒストン修飾が発見されて以来、遺伝子発現を局所的かつ全体的に制御するエピジェネティック修飾因子をコードする遺伝子が、正常な発生やがんの進行に重要な役割を果たしていることが明らかになってきました。がんの進行にエピジェネティック遺伝子が関与していることや、エピジェネティック遺伝子を標的とした治療が可能になってきたことから、がんエピジェネティクスの分野が最近注目を集めています。最近では、ポリコーム抑制複合体2の酵素触媒サブユニットであるゼステホモログ2(EZH2)のヒストンメチルトランスフェラーゼエンハンサーが潜在的な治療標的として注目されています。

EZH2阻害剤の市場規模、2020年の1,140万米ドルから2026年までに10億米ドルを超えると予想される

タゼメトスタット(タズベリク)はEZH2阻害剤で、最近、米国FDAの承認を得ました。タズベリクは、Epizyme Inc.が開発した薬剤で、完全切除不能な転移性または局所進行性の上皮性肉腫の16歳以上の患者の治療に適応されています。また、「再発または難治性の濾胞性リンパ腫で、十分な代替療法がない成人患者」の治療薬としても承認されています。現在、米国と日本で承認されており、欧州ではオーファン指定を受けています。また、本剤の臨床試験では、良好な全生存率と奏功率が確認されています。

タゼメトスタットががん治療薬として早期に承認されたことは、がん治療のパラダイム全体に革命をもたらすと考えられます。タゼメトスタットの世界市場は、2020年には約1,140万米ドルとなり、2026年までに8,000%以上の絶対的成長が見込まれています。これは主に、短期間で薬が売れたことと、米国市場での高い採用率によるものです。また、前立腺がん、卵巣がん、その他の固形がんなど、他の治療分野にもEZH2薬剤が導入されることで、今後の市場の成長が期待されます。さらに、他の地域での承認取得も期待されており、これが市場の成長をさらに促進するでしょう。

今後数年間、世界市場では、高齢者人口の増加、喫煙、飲酒、運動不足、食生活の乱れなどの要因により、がんの罹患率が増加すると予想されています。これにより、標的治療の需要が高まり、世界のEZH2阻害剤市場を牽引することになります。タゼメトスタット以外にも、GSK126、CPI1205、SHR2554など、複数の製薬企業がEZH2阻害剤の候補を開発しており、現在臨床段階にありますが、予測期間中に承認されることが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]