Lumakras市場、2026年までに15億米ドル規模超過見込み

がん患者数の増加とがん死亡率の上昇に伴い、がん治療のための新しい治療法の開発が求められています。がん治療の分野で大きな進歩があったにもかかわらず、現在までがんを根治することはできていません。しかし、科学技術の進歩により、医薬品開発プロセスに利用できる潜在的なターゲットが特定されてきました。

その中でも、Kirsten rat sarcoma viral oncogene homolog (KRAS)遺伝子と、その遺伝子ががんの病因や増殖に果たす役割が明らかになったことは、がん治療の恩恵をもたらすものと考えられます。研究者たちによる広範な研究開発の結果、新規のKRAS阻害剤が発見され、希少なALK陽性がんの治療に使用されています。現在のところ、非小細胞肺がんの治療薬として承認されているKRAS阻害剤は1つだけです。

Lumakras(Sotorasib)は、Amgen社が開発した最初のKRAS阻害剤で、2021年5月にFDAから承認されました。Lumakrasは、1日1回の経口処方薬で、体の他の部分に広がっているか、手術で除去できない非小細胞肺がん(NSCLC)で、腫瘍にKRAS G12C遺伝子の異常があり、がんに対する少なくとも1回の前治療を受けた成人の患者の治療に使用されます。Lumakrasが承認されたことは、がん治療の分野における大きな革命の一つです。

NSCLCの治療に適した特性を持ち、高い特異性と有効性を有することから、Lumakras市場は高い成長率を示すことが期待されており、同市場の規模は2026年までに15億米ドルを超えると予想されています。これは、すでに従来のがん治療法の限界を克服したLumakrasの能力によるものです。さらに、Lumakrasという薬は、従来のがん治療法に比べて副作用がなく、患者の生存率も向上させます。

Lumakras市場は今後数年間で成長することが見込まれていますが、いくつかの要因が市場の成長を制限しています。がん治療の高額な費用は、今後の市場成長を制限する主な要因の一つです。しかし、政府や製薬会社が有利な償還政策の策定に向けた取り組みを強化することで、治療費の削減につながり、患者の経済的負担を軽減することができます。

Lumakrasの世界市場は、単一の製品が承認されたことにより、予測期間中は軌道に乗ると思われます。これに加えて、研究者たちは、他の免疫療法薬と組み合わせて、他の固形腫瘍におけるLumakrasの役割を評価しており、これが市場の成長を促進する要因となるでしょう。北米、特に米国は、非小細胞肺がんの増加と、研究開発に積極的な大手製薬会社の存在により、今後数年間、Lumakrasの世界市場を支配すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]