ガンマデルタT細胞療法市場、2026年まで大きく成長見込み

ここ数年、がん治療の分野では、免疫細胞を操作して腫瘍細胞を標的にするという免疫療法の考え方が広まっています。それ以来、科学者たちは、癌の治療において有望な結果を示す幅広い候補を開発してきました。最近、キメラ抗原受容体が血液悪性腫瘍の治療に成功したことで、がんの養子細胞療法の分野が爆発的に普及したことは明らかです。現在、研究者たちは、このエキサイティングな技術を固形がんに応用し、同種の既製治療法を開発するために努力しています。

バイオテクノロジーの進歩により、研究者たちは、がんの免疫監視に潜在的な役割を持ち、養子細胞療法の課題を克服する可能性を秘めたガンマデルタT細胞を同定することができました。この細胞は、自然免疫と適応免疫の両方の特性を持ち、適応免疫と自然免疫の橋渡しをします。さらに、これらのサブセットの細胞は、腫瘍細胞に対する免疫反応を起こすのに役立つさまざまなサイトカイン、ケモカイン、成長因子を産生します。

ガンマデルタT細胞は、そのユニークな生物学的特性と癌治療における有利な特性から、その同定以来、養子T細胞療法の魅力的な候補となっています。主要組織適合性複合体に依存しない方法で細胞を標的とし、より広範な抗原を認識するというユニークな能力は、研究者たちの大きな関心を集めています。現在のところ、承認されたガンマデルタT治療薬はありませんが、臨床試験中のものは多数あります。候補の大部分は初期段階の臨床試験に属しており、市場参入には約5~7年を要すると考えられます。

ガン治療におけるガンマデルタT細胞療法の有望な反応は、他の疾患におけるガンマデルタT細胞の役割を利用しようとする研究者を急増させました。糖尿病、感染症、自己免疫疾患におけるガンマデルタT細胞の役割を明らかにするために、多くの前臨床試験が研究者によって開始されています。世界のガンマデルタT細胞療法は、今後数年間で大きな成長率を示し、幅広い疾患の管理に役立つ様々な潜在的な候補物で市場が活性化すると予想されています。

市場の成長を阻害する要因としては、物理的な頻度の低さ、開発コストの高さ、規制の厳しさなどが挙げられますが、市場全体としては軌道に乗っていくと思われます。これは主に、製薬会社同士の提携や協力関係が強化され、研究開発活動を行うための投資が増加していることによるものです。市場で活動している主な企業は、アクペディア、武田薬品工業、TCバイオファーマ、アダペイト・セラピューティクスなどで、これらの企業はガンマデルタT細胞の候補化合物の強力な臨床パイプラインを持っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]