軽荷重用自動倉庫・検索システム市場、2026年に77億6,500万米ドル規模到達見込み

市場の概要

軽荷重用自動倉庫・検索システム市場は、2019年に39億8,700万米ドル規模に到達したと推定されています。2021年から2026年までの予測期間中、市場はCAGR10.35%で成長し、2026年には77億6,500万米ドル規模に達すると予想されています。軽荷重用自動倉庫・検索システム(AS/RS)は、ユニットロード自動倉庫・検索システムと同じ動作をしますが、通常は1,000ポンド以下の軽量な質量を扱います。軽荷重用AS/RSは、小さな部品をより少ない面積で、より迅速に収納することを目的としています。このAS/RSは、堅牢な軽量合金を用いて設計されており、設置、運用、保守のコストを削減することができます。

市場の展望

ミドルロードやパレットシャトルなどの最新技術の台頭、オファーチェーンの効力と生産性の向上、スタッフの生産性向上などが、世界の自動倉庫・検索システム市場を牽引しています。一方で、キットの誤作動の危険性の増加、大規模な設備投資の必要性、操作手順の技術的な複雑さなどが、世界レベルでの成長を妨げる可能性があります。

軽荷重用自動倉庫・検索システムは、軽量な数百個の荷物を簡単に積み込むことができます。軽荷重は、非常に密集した保管通路ごとに専用のクレーン付き荷役装置を設置し、220~750ポンドのケース、トート、トレイに入った数百個の荷物を扱います。この分野で大きなシェアを占めているのは、交渉力のある物流業者への依存を減らしたいという需要の高まり、優良な自動車工場への集中、製品の市場投入までの時間を短縮したいというニーズの上昇、そしてコスト的にも世界の自動車生産ネットワークが徐々に強化されてきていることが主な要因と考えられます。

市場の成長要因:AS/RSが様々な産業分野で受け入れられていることが市場拡大の要因

AS/RSを利用することで、多くの産業が材料や製品の保管プロセスを容易にし、倉庫や工場に余分なスペースを確保することができます。これにより、資材の積み上げによる事故の危険性を低減し、作業工程のスピードアップが期待できます。

自動倉庫・検索システムは、自動車、航空、食品・飲料などの多くの業界で幅広く採用されています。

市場の制約要因

COVID-19の感染拡大により、各国の政府は様々な施設でのスタッフの配置を制限しています。そのため、スタッフが内部統制や検査、保守作業を行うには不便を強いられていました。AS/RSの運用には技術的に優れた専門家が必要であり、このような状況はAS/RSの円滑な運用を妨げる原因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]