水平カルーセル市場、2026年に10億6,305万9千米ドル規模到達見込み

市場の概要と動向

水平カルーセル市場は、2019年には推定で7億2,217万7千米ドル規模に到達しました。2021年から2026年にかけて、市場はCAGR5.68%で成長し、2026年には10億6,305万9千米ドル規模に達すると予測されています。水平カルーセルとは、楕円形の軌道上を回転する様々なビンのことです。各ビンには、0.75インチまで調整可能な棚板があり、特殊な用途や一般的な用途に合わせて構成されています。アソシエイト・オペレーターがビンの種類、半分の種類、セルの位置を直接入力すると、カルーセルは最短経路を通って回転します。複数の水平カルーセルのグループアクション、カルーセルのポッドは、ピック・トゥ・ライト技術とリスト管理パッケージを用いて、より高次のフルフィルメントのために確立されています。カルーセルは、1回のピック数が少ないものや、移動量が少ないものを選択します。水平カルーセルは、保管密度と可能性を高め、必要な労働時間を削減します。このマテリアルハンドリング機器は、異なる原材料や完成品、中間製品を保管、確保、回収するための低床式の方法を提供します。 可処分所得の増加、生活水準の向上、多忙な仕事、健康管理への意識向上などにより、世界的な食品加工業の拡大に伴い、食品加工工場やユニットでの水平カルーセルの需要が高まっています。

少ない床面積の需要は、市場の拡大にプラスの影響を与える最も重要な要因の一つであると考えられます。小売業の電子商取引では、水平カルーセルの使用が拡大しており、大量の電子商取引の注文に対応するための効率的な解決策として機能しています。

市場の成長は、多くの業界で水平カルーセルの需要が増加していることによって推進されています。これは、オファーチェーンにおける精度、生産性、効率性の向上と、より高い在庫管理を目的としています。

業界別に見ると、小売業では、膨大な品揃えと数の商品を一箇所に集めた大規模なメガストアにこのカルーセルが導入されています。このカルーセルは、商品の保管と取り出しを短時間で効率的に管理します。また、オンライン、eコマース、M-コマースの台頭により小売業の競争が激化していることから、コンビニエンスストアや専門店のオーナーは、収納密度を高めるための革新的な技術を採用するようになっています。

市場の成長要因

製薬業界における水平カルーセルの需要拡大

製薬業界における水平カルーセルの需要拡大は、市場成長の主な要因となっています。製薬会社の倉庫システムには、高密度のストレージに加え、高い生産性、柔軟性、正確性などの利点を備えた水平カルーセルが使用されています。この取引に関連する投資や拡張は、市場を強化することができます。さらに、自動カルーセルの採用により、製薬会社は現在の進捗状況に合わせて作業選択ステーションの数を簡単に変更することができます。この費用対効果の高いシステムにより、製薬会社は効率的に業務を遂行することができます。

水平カルーセルの技術的進歩

水平カルーセルの選択方法に音声認識が導入されたことで、多くの生産施設がこの方法を採用するようになりました。水平カルーセルでの音声選択は、ピークシーズンの必要性や、小売倉庫でのSKUロケーションの変化にも対応しています。

また、光による選択は、オペレーターが連続した選択肢と選択されるべき量を見つけるのを助け、精度とピックレートを向上させます。そのため、これらの技術的進歩が市場を牽引していると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]