中枢神経系疾患:遺伝性疾患の表現型6400項目の約60%を占める

神経疾患の病態における遺伝的関与は重要です。中枢神経系疾患は、登録された遺伝性疾患の表現型6400項目の約60%を占めています。 神経疾患、特に脳疾患は、医学的発見における最後のフロンティアです。次世代シーケンシングのような検査の進歩は、神経疾患の遺伝的原因を特定するのに役立ってきました。

神経疾患の遺伝性検査の分野は、シーケンシングなどの技術の加速と重なって、過去10年で主要な活動分野となっています。神経疾患に対する認識の高まり、高齢化社会の到来、遺伝医学の継続的な進歩が、神経学的遺伝子検査市場を牽引する可能性があります。

近年、次世代シーケンシングは、大量のシーケンスを手頃な価格で生産するための新しい機能を提供しています。そして、単一遺伝子解析、遺伝子パネル検査、エクソーム解析などの方法を選択することができます。

市場の主な企業

Ambry Genetics、Arup Laboratories、Asuragen、Athena Diagnostics、Blueprint Genetics、Centogene AG、Cytox Group Limited、Fulgent Genetics、Genedx、Illumina、Invitae、Laboratory Corporation of America、Lineagen、PerkinElmer、Quest、Thermo Fisher Scientific

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]