デジタルパソロジー市場、顕微鏡ベースの診断からネットワークを介した仮想顕微鏡の利用へ 革命となるスライドスキャンやデジタル写真撮影の進歩

デジタルパソロジーは、デジタルスキャンされた高解像度な組織学的画像を解析する技術で、計算ツールやアルゴリズムを用いた解析が可能です。デジタルパソロジーは、顕微鏡画像をキャプチャし、コンピュータネットワークを介して送信する仮想顕微鏡を利用することもできます。これにより、あらゆる場所にいる多くの人が、画像を閲覧することが可能になります。

デジタルカメラを備えた顕微鏡は、スライド上の特定の領域にズームして、その領域のより高い解像度を提供することができます。また、別の方法としては、高解像度の画像スキャナーを使い、組織用スライドガラス全体をスキャンすることができます。どちらの場合も、病理医はデジタル画像の情報を確認して検査結果を導き出します。コンピュータベースの画像処理の役割は非常に重要であり、病理医が診断の意思決定を行うのに役立ちます。したがって、デジタルパソロジーは、近い将来、従来の顕微鏡ベースの診断に取って代わることが可能であり、従来の病理学とコンピューターの交差点となります。強力なバイオインフォマティクスツールと組み合わせたデジタルイメージングは、病理学の未来を根底から変えることができます。

スライドスキャンやデジタル写真の進歩、およびデジタルカメラの低価格化は、病理所見の文書化、スライドレビューの共同作業、画像解析など従来の方法に革命をもたらしています。調査のための組織や体液の処理や染色にはかなりの技術が必要です。デジタル組織検査では、病理医が共同でスライドをレビューしたり、画像を専門家に送ってファーストリーディングやセカンドオピニオンを得ることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]