ファーマシーオートメーションの市場規模、2026年に79億米ドル到達予測

ファーマシーオートメーションの市場規模は、2020~2026年にCAGR12.5%で成長し、2026年には79億米ドルに達すると予想されています。ファーマシーオートメーションのメリットとしては、薬の保管に対する脆弱性、1回あたりの薬代、薬の廃棄量の低減と、患者のセキュリティの向上などが挙げられます。これらのシステムは、RFID、スマートダッシュボード、バーコードスキャン技術、データの安全性などの登場により、全体的な効率を向上させ、スムーズなワークフローを実現します。また、投薬ミスや人件費を削減し、正確さとスピードを向上させることができます。さらに、在庫管理を含め、薬剤師が非臨床業務に費やす時間を削減することができます。薬剤師が患者と接する時間を増やすことで、患者体験を向上させることができます。

医療業界では、処方箋の間違いによる負傷者や死亡者の増加により、多くの負担が生じています。このような医療ミスの再発を防止・低減するために、ヘルスケアサービスベンダーや薬剤師は、高度な技術を求めています。さらに、訪問者や患者の数が増加し、それに伴うセキュリティ要件が高まっていることから、薬の配布は日常的に高度化しています。これらの問題に対処するために、ファーマシーオートメーションシステムのような新しい技術が効果的なツールとなっています。処方箋のミスを減らし、患者のセキュリティを強化するため、医療サービスベンダーや薬剤師は、ファーマシーオートメーションシステムの採用を薦めています。

COVID-19のパンデミックにより、ファーマシーオートメーションを扱う様々な企業が売上を減少させました。一方で、医療・医薬品分野における自動化の重要性が認識されることが予想されます。今後数年間でファーマシーオートメーション市場が活性化することが期待されています。

製品別見通し

市場は製品別に、調剤システム、パッケージング・ラベリングシステム、ストレージ・リトリーブシステム、自動調合システム、テーブルトップ型タブレットカウンターに分類されます。2019年は、調剤システム部門が高い市場シェアを占めました。医療施設や薬剤師は、投薬・調剤ミスによる死亡者数の増加や政府の厳しい政策により、患者ケアサービスを強化するために、さまざまな調剤システムへの適応を迫られています。

エンドユーズ別見通し

市場は用途別に、小売薬局と病院薬局に分けられます。病院薬局市場は、高い成長率を示すと考えられます。これは、効率性と生産性の向上のために、自動薬剤保管・検索システム、自動調剤キャビネット、自動無菌調合システム、バーコード付き単位用量パッケージングシステムなどが多く利用されているためです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]