ミックスドシグナルICの市場規模、2026年に1415億米ドル到達予想

ミックスドシグナルICの市場規模は、2020年~2026年にCAGR 7.6%で成長し、2026年には1415億米ドルに達すると予想されています。混合ICとは、デジタルとアナログのICを1つのチップに組み合わせたものと考えられます。これらのICを使用して、光、音、熱などのアナログ信号をデジタル信号に変換し、電子製品に対応することができます。ミックスドシグナルICは、自動車、セキュリティ・監視、家電、通信、ヘルスケア、IoT、産業機器などの分野で幅広く利用されています。これらのICは、アナログをデジタルに、デジタルをアナログに変換するという2つの機能を備えていることから、幅広く採用されています。

また、市場成長の主な要因の一つとして、試験・計測機器での需要の高さが挙げられます。ミックスドシグナルICは、デジタルオシロスコープ、計量器、スペクトラムアナライザ、精密測定などの試験・計測機器に使用されます。ミックスドシグナルICを使用することで、電子産業メーカーは高精度の部品やデバイスを開発することができ、OEMからの要求も高くなっています。ミックスドシグナルICは、データ処理速度が高く、高精度を保つことができるため、テストおよび測定システムにおいて重要な役割を果たします。アナログ信号をデジタル画像や信号に変換することができるため、正確な判断が可能になります。

COVID-19のパンデミックは、サプライチェーンの混乱、ビジネスの停止、株式市場の不確実性などを引き起こし、顧客をパニック状態に陥れました。また、半導体や電子機器など様々な産業の製造プロセスに深刻な影響を与えました。需要と供給の連鎖は、貿易障壁によってさらに混乱します。各国政府が厳しい監禁規制を課し、一時的に産業を閉鎖したため、製造プロセス全体に悪影響を及ぼしました。

タイプ別の展望

市場はタイプ別に、ミックスドシグナルSoC、マイクロコントローラー、データコンバーターに分けられます。2019年は、ミックスドシグナルSoCセグメントが主要な市場シェアを獲得しました。これは、ミックスドシグナルSoCが家庭用電化製品、IT・通信、軍事・防衛、医療・ヘルスケア、自動車などの様々なエンドユース産業で潜在的な用途を見出しているためです。さらに、ミックスドシグナルSoCの採用は、その低消費電力によって大きく促進されています。ミックスドシグナルSoCを使用すると、サイズだけでなく、消費電力も削減することができます。その結果、フレームワーク全体の信頼性が向上し、採用の大きな要因となっています。」

エンドユーザーの展望

市場はエンドユーザー別に、家庭用電化製品、医療・ヘルスケア、通信、自動車、その他に分類されます。2019年は、家庭用電化製品セグメントが最大シェアを占めました。通信、電子機器、その他の産業の発展により、携帯電話や電子機器へのミックスドシグナルICの採用が増加しています。ミックスドシグナルIC市場は、5Gネットワークの出現と低消費電力デバイスの高い需要により、成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]