レーザー脱毛の市場規模、2026年に12億米ドル到達予想

レーザー脱毛の市場規模は、2020年~2026年にCAGR35.4%で成長し、2026年には12億米ドルに達すると予想されています。私たちの日常生活において、体毛や毛髪は大きな役割を果たしています。皮膚科医は、まばらな毛や過剰な毛の成長に関する問題に対処する立場にあります。例えば、過剰な毛の成長の原因は、人の遺伝的なものと、自然界の有機的なものとがあります。これらの毛の除去を選択した人は、不要と思われる場所に過剰な毛がある、もしくは、体毛の異常な成長などの問題を抱えています。毛の色が濃い人はコンプレックスになりやすいので、毛の成長の病態生理を深く理解して、その治療法を検討する必要があります。

従来の脱毛方法には、シェービング、脱毛、ワックス、ツイーザーなどがありました。20世紀初頭には、顔の毛の除去にラジオグラフ装置が採用されましたが、それには複雑な問題がありました。また、電気脱毛は、施術者の技術力に左右されるものでした。そして、医療用レーザーの登場により、脱毛を含む皮膚のトラブルをコントロールするための高度な研究が行われるようになりました。

レーザー脱毛の市場規模

レーザー光を照射して毛包を破壊し、脱毛することをレーザー脱毛といいます。エステサロンや病院で使用されている、体毛を破壊するレーザー機器の一種です。市場の成長は、非侵襲的な脱毛方法に対する需要の高まりによって促進されると予想されています。さらに、ウルトラテクノロジーなどの技術の進展も、市場の成長を後押ししています。

レーザータイプの展望

市場はレーザータイプ別に、ダイオードレーザー、Nd:YAGレーザー、アレキサンドライトレーザーに分類されます。2019年は、ダイオードセグメントが最大の市場シェアを獲得しました。これは、ダイオード製品が提供する高い精度に起因しています。ダイオードレーザーは、特定の身体部位をターゲットにすることができ、その部位の近くの皮膚に害を与えることなく、効率的に毛にダメージを与えることができます。さらに、体の部位や毛の量に応じて脱毛に必要な時間を調整できる利点もあり、需要の増加が見込まれています。

エンドユースの展望

市場はエンドユース別に、美容クリニック、皮膚科クリニック、ホームユースに分類されます。2019年は、美容クリニックセグメントが最大の市場シェアを獲得しており、非侵襲的な脱毛技術の需要により、今後も、成長が見込まれています。レーザー治療は、ワックス脱毛や毛抜きなどの従来の方法に比べて、有害性や痛みが少ないと考えられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]