一酸化窒素吸入療法の市場規模、2026年に9億1570万米ドル到達予測

一酸化窒素吸入療法の市場規模は、2020~2026年にCAGR7%で成長し、2026年には9億1570万米ドルに達すると予測されています。一酸化窒素は、オキシヘモグロビンと反応することにより、血管系の平滑筋細胞に弛緩をもたらす気体の分子です。一酸化窒素は赤血球中のオキシヘモグロビンに素早く回収され、肺の酸素のある部分に限定して作用します。この一酸化窒素が肺の酸素化領域で肺血管拡張を引き起こすという特徴は、血液の酸素化を促進し、肺の左右のシャントを減少させるのに役立ちます。一酸化窒素吸入療法は、成人や小児の肺高血圧症などの様々な心肺疾患の治療に利用されています。

低酸素性呼吸不全(HRF)や遷延性肺高血圧症など、新生児や乳幼児の疾患が増加していることは、市場の主要な推進要因です。さらに、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の患者の増加も、市場の成長を後押ししています。一方で、治療に莫大な費用がかかることや、ガスの用途に対する政府の厳しい政策が、一酸化窒素吸入療法市場の成長を妨げています。しかし、ヘルスケア分野における研究開発活動は、同市場を拡大する機会を提供するものと思われます。

WHOがCovid-19の発生を公衆衛生上の緊急事態と宣言したことで、世界各国に影響が及んでいます。このパンデミックに対し、一酸化窒素が感染者の治療に役立つか検証するため、いくつかの実験が行われました。

アプリケーション別の見通し

市場はアプリケーション別に、新生児呼吸器治療、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、急性呼吸困難症候群(ARDS)、その他に分類されています。新生児呼吸器治療部門が、最大シェアを占め、同時に高い成長率を示すことが予想されています。これは、持続性肺高血圧症や新生児低酸素性呼吸不全(HRF)などの新生児疾患の発生が急増していることに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]