ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)チップセットの市場規模、2026年に127億米ドル到達予想

ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)チップセットの市場規模は、2020年~2026年にCAGR 20.8%で成長し、2026年には127億米ドルに達すると予想されています。ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)は、複雑な計算を高速に行うことができ、大規模なデータセットを処理する能力を有しています。この計算能力を集約した手法をハイパフォーマンスコンピューティングと呼んでいます。この技術は、従来のデスクトップコンピュータやワークステーションよりもはるかに優れたパフォーマンスを提供し、エンジニアリング、ビジネス、サイエンスにおける大きな問題に対処します。

ハイパフォーマンスコンピューティング市場は、人工知能(AI)やエンジニアリング、電子設計自動化(EDA)を必要とする産業用モノのインターネット(IIoT)への投資の拡大など、多くの要因によって牽引されると予想されています。さらに、さまざまなハードウェアプロバイダーが、これらの機能を強化するソリューションの開発に投資しており、今後数年間のHPCチップセット市場の成長を促進すると予想されます。一貫した品質を維持することが求められる一方で、製品開発サイクル(PLC)を短くすることが求められており、適切なツールや高度な技術抜きに、リアルタイムな管理を達成する事は不可能です。

COVID-19パンデミックの発生は、世界のHPC市場に大きな影響を与えると予想されます。多くの新規事業やプロジェクトが中止され、市場の成長が妨げられています。さらに、最終用途産業は、このパンデミックにより大きな課題に直面しており、HPCチップセット市場の成長を抑制する可能性があります。一方、COVID-19パンデミックによるHPCチップセット市場への影響は一時的なものと考えられています。

チップタイプの展望

市場はチップタイプ別に、GPU(Graphic Processing Unit)、CPU(Central Processing Unit)、FPGA(Field Programmable Gate Array)、ASIC(Application Specific Integrated Circuit)に分けられます。2019年はGPUセグメントが高いシェアを獲得しました。HPCチップセット業界におけるGPUセグメントの成長は、グラフィカルプロセッシングユニット(GPU)の巨大な並列処理能力によって支えられています。

地域別展望

市場は地域別に、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに分類されます。北米地域は、米国とカナダにおける医療技術の進歩に後押しされ、新しい技術をいち早く取り入れてきました。この地域には、AMD、NVIDIA、HPE、Microsoftなど多くの大手企業が進出しており、需要が大きく伸びることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]