電子臨床転帰評価(eCOA)の市場規模、2026年に24億米ドル到達予想

電子臨床転帰評価(eCOA)の市場規模は、2020年~2026年にCAGR 19%ので成長し、2026年には24億米ドルに達すると予想されています。eCOA(Electronic Clinical Outcome Assessment)とは、精神状態や患者の症状、病気の予後などを測定することができるシステムのことです。eCOAプラットフォームの主な構成要素には、電子ダイアリーと電子患者報告アウトカム(ePRO)があります。これらのコンポーネントは、ePRO のサポートシステムとして機能します。このシステムの遵守率は非常に高く、研究手順を円滑に進めることができます。

長年にわたり、電子的な臨床転帰評価は、費用対効果が高いことが証明されています。製薬業界では、臨床試験への投資が急速に増加しており、臨床データ管理の需要と開発が常に高まっています。市場の成長は、製薬業界におけるクラウドコンピューティングの発展により、プラスの影響を受けると予想されます。一方で、eCOAは導入時の初期費用が高く、治験依頼者や中堅製薬企業にとっては抑制要因となっています。これは、今後数年間、電子臨床転帰評価市場の成長を鈍化させると考えられます。

医療情報管理の複雑化に伴い、eCOAソリューションの導入・需要が促進されると考えられます。これらのシステムを使用することで、医療機関は正確でタイムリーな健康情報の提供ができ、臨床試験を受ける患者のプレッシャーを軽減することができます。ヘルスケア産業の大幅な成長に伴い、革新的な治療法や医薬品を生み出すための研究開発に対する需要が高まっています。研究数の増加に伴い、統一されたデータキャプチャシステムの必要性が高まっています。これらの要素が今後の市場需要を牽引すると考えられます。

配信モードの展望

市場は配信形態別に、ウェブホスト型eCOA、クラウド型eCOA、ライセンス企業型eCOAに分類されます。ウェブホスト型eCOAセグメントは、2019年に最大シェアを獲得しました。ウェブベースのサービスは、患者の健康情報へのリモートアクセスや、データ誤用の潜在的なリスクを制限し、重要なポイントで問題を解決するための情報を共有するなどの利点を提供します。

エンドユースの展望

eCOA市場は、CRO(Contract Research Organization:医薬品開発業務受託機関)、病院、学術研究機関、製薬会社、バイオテック企業、医療機器メーカーに分類されます。2019年は、CRO(Contract Research Organizations)が主要な市場シェアを獲得しました。さらに、このセグメントは、製薬大手からの需要が増加しているため、今後数年間は高い成長率を記録することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]