X線装置の市場規模、2026年に111億米ドル到達予想

X線装置の市場規模は、2020年~2026年にCAGR 5.2%で成長し、2026年には111億米ドルに達すると予想されています。3次元の体内器官や骨の2次元X線画像を生成するために、X線装置が使用されます。X線装置には、一般的に据え置き型と携帯型の2種類があります。新興国では、据え置き型が大きな需要を占めています。携帯型は、高い機動性を持ち、便利で柔軟な使い方ができます。その結果、据え置き型と比較して、より好まれる傾向があります。慢性疾患の増加、疾病の早期診断・発見に対する需要の高まりにより、市場の成長は勢いを増すと予想されます。

デジタルイメージングの主な利点としては、費用対効果の高さ、容易な入手性が挙げられます。この技術を使うことで、病院はフィルムの価格を下げ、保管スペースを減らし、サービスやアーカイブ部門に必要な人員を減らすことでコストを下げることができます。X線装置からの画像は、フィルムパックを取り出す時間と物理的な労力を必要とせず、すぐに臨床サービスに配布することができ、患者の初期の画像を確認することがより簡単になります。

X線装置は、一定量のX線を照射することで、人体の部位の画像を撮影することができます。X線は怪我の状態を即座に把握することができるため、交通事故の増加に伴い、市場の需要が高まることが予想されます。また、骨粗鬆症などの加齢性疾患の出現と普及、加齢に伴う骨の変性の確認、高齢者の増加は、今後数年間の市場の成長を促進すると考えられます。

モビリティの展望

市場はモビリティ別に、据え置き型と携帯型に分けられます。据え置き型システムは、2019年に最大シェアを記録しました。据え置き型のX線撮影ソリューションは、先端技術の導入が比較的遅れている新興国で高い需要があります。

モダリティの展望

市場はモダリティ別に、X線撮影、コンピュータ放射線撮影、透視に分類されます。2019年はX線撮影が最大市場規模を獲得しました。新興国では、コスト削減効果からコンピュータ放射線撮影の導入が進んでいます。コンピュータ放射線撮影は、短時間で鮮明な画像を得ることができ、イメージングプレートを再利用できることから、高い人気があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]