ワイヤー・ケーブルの市場規模、2026年に2508億米ドル到達予測

ワイヤー・ケーブルの市場規模は、2020年~2026年にCAGR5.4%で成長し、2026年には2508億米ドルに達すると予測されています。スマートグリッドとは、自動化、制御、革新的なツールや技術、コンピュータなどが連携して、より効率的な送電を行う電力網のことです。電力がタイムリーに供給されることは、世界全体が効率的に機能する上で非常に有益です。人口の増加に伴い、電力の需要も増加しています。嵐や停電の影響を受ける頻度や時間を減らし、停電後のサービスを迅速に復活させるためには、グリッドの技術開発が重要な役割を果たします。スマートグリッドは、効率的な再生可能電力の生産、信頼性の高い電力の供給、二酸化炭素排出量の削減、複数のエネルギー源の組み合わせの活用、スマートガジェットやスマートホームとの連携、電子車両の利用などを促進します。

また、世界的な都市化の進展やインフラの整備などにより、産業、商業、住宅分野における電力・エネルギー需要が拡大し、市場の成長を後押ししています。これは、送配電システムの強化やスマートグリッドの進化に対する投資の増加によってもたらされています。スマートグリッド技術の適用により、送電網の相互接続に対する要求が高まり、最新の地下ケーブルや海底ケーブルへの投資が増加しています。

設置タイプの展望

市場は設置タイプ別に、架空と地下に分けられます。今後、最も高い成長率を示すのは地下設置セグメントです。地下設置は、メンテナンスコストを削減し、送電ロスが減るため、電力負荷に役立ちます。住宅、商業、通信、自動車、電力・エネルギーなどのさまざまな業界で、インフラのアップグレードが求められており、ワイヤ・ケーブル市場の成長を促進すると予想されています。中国、ベトナム、インドなど多くの発展途上地域では、GDPの多くをインフラ整備に充てています。

電圧の展望

市場は電圧別に、低電圧、中電圧、高電圧、超高電圧に分けられます。2019年は、低電圧カテゴリーが最も高いシェアを記録しました。これは、LANケーブル、建物の電線、配電網、家電製品の電線などで低電圧ケーブルの利用率が高いことによります。

エンドユーザーの展望

市場はエンドユーザー別に、エネルギー・電力、IT・通信、建築・建設、航空宇宙・防衛、石油・ガス、その他に分類されます。建築・建設市場セグメントは、高いCAGRで成長すると予想されています。また、老朽化した商業ビル、住宅、工業ビルの修復や各国での新規建設が市場の成長を促進すると予想されます。アフリカ、南米、アジア太平洋、中東などの発展途上地域では、鉄道トンネルの建設、鉄道信号の整備、発電・配電の拡大など、より高度なインフラ整備への投資が進んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]