ビジュアライゼーション・3Dレンダリングソフトウェアの市場規模、2026年に56億米ドル到達予想

ビジュアライゼーション・3Dレンダリングソフトウェアの市場規模は、2020年~2026年にCAGR 24.5%で成長し、2026年には56億米ドルに達すると予想されています。コンピュータプログラムに格納された3Dデータに基づいて画像を作成するプロセスは、ビジュアライゼーションおよび3Dレンダリングと呼ばれています。展示会、会議、プレゼンテーションなどのイベントでは、デモンストレーションに3Dレンダリングが利用されています。さらに、このソフトウェアには、リアルタイムでの洞察、高度な処理、ユーザーフレンドリーなレンダラーインターフェイスなど、さまざまな利点があり、エンドユーザーの間で需要が高まっています。ビジュアライゼーション・3Dレンダリングソフトウェアは、制作者、開発者、顧客が、プロジェクトをよりよく理解できるようなビジュアルインターフェースを生成します。

仮想モデリングや建築設計の需要の高まり、スマートシティの実現に向けた建築計画の需要が、今後の市場の成長を後押しします。さらに、リアルタイムレンダリングや迅速な意思決定能力に対する需要の高まりが、市場の成長にプラスの影響を与えています。しかし、発展途上国における3Dレンダリングソフトウェアの需要低下、ITインフラの未整備、適切なセキュリティの不在によるプライバシー問題の増加などにより、市場の成長は制限されることが予想されます。

ビジュアライゼーション・3Dレンダリングソフトウェアの市場は、ここ数年、顕著な成長を記録しています。しかし、2020年に発生したCOVID-19パンデミックの影響で、市場は急激に縮小しました。これは、ウイルスの蔓延を防ぐために、各国の政府の閉鎖や渡航禁止によるものと考えられます。

コンポーネントの展望

市場はコンポーネント別に、スタンドアロンとプラグインに分類されます。2019年は、スタンドアロン部門が市場シェアを圧倒的に占有しました。プラグイン市場は、2020年~2026年に26.7%のCAGRで成長すると予測されています。

アプリケーションの展望

市場はアプリケーション別に、建築・視覚化、マーケティング・広告、研究・トレーニング、ゲーム、その他に分類されます。2019年は、建築・ビジュアライゼーション部門が優勢で、今後も同様の傾向を維持すると予想されます。建設・不動産分野では、プロジェクトを可視化するため、3Dレンダリングソフトウェアの採用が増えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]