トークナイゼーションの市場規模、2026年に58億米ドル到達予想

トークナイゼーションの市場規模は、2020年~2026にCAGR 20.4%で成長し、2026年には58億米ドルに達すると予想されています。大多数の企業は、医療情報、クレジットカード情報、社会保障番号など、安全と保護が必要な機密データをシステム内に保有しています。トークナイゼーションは、これらの機密データを環境から完全に取り除き、それぞれの情報に特化したトークンで代替します。

同市場の成長を促進する主な要因は、機密データや情報を漏洩から保護する必要性の高まりです。トークナイゼーションとは、データを、固有の識別記号で置き換えるプロセスのことで、重要なデータ情報を不正行為から守るために広く利用されています。トークナイゼーションの主な役目は、ハッカーや窃盗犯からの保護、PCIスコープの縮小、オンライン保護、内部保護などが挙げられます。世界中でデータ漏洩やサイバー攻撃が急増していることで、市場の成長が期待されています。また、トークナイゼーション市場は、金融業界における広範な応用により、大きな需要が見込まれています。

トークナイゼーションとは、重要なデータを固有の識別記号に置き換えることで、高いセキュリティを維持しながら、データの必要な情報を保護するという概念です。トークナイゼーションにより、企業が必要とするデータの量を減らすことができ、クレジットカードや電子商取引決済の安全性を高めます。また、業界の政府の規範に準拠するためのコストを削減できるため、中小企業の間で普及しています。

コンポーネントの展望

市場はコンポーネント別に、ソリューションとサービスに分かれています。今後は、ソリューション部門が主要な市場シェアを獲得すると考えられます。トークナイゼーションソリューションは、増加する決済詐欺や個人情報の盗難を防ぐため、多くの中小企業で採用されています。

アプリケーションの展望

市場はアプリケーション別に、決済セキュリティ、ユーザー認証、コンプライアンス管理に分けられます。オンラインショッピングが急速に普及していることから、Eコマース事業者は決済セキュリティに大きな関心を寄せています。トークナイゼーションを利用すれば、データが漏洩したとしても、個人情報の開示が困難になり、経済的損失を減少させることができます。トークナイゼーションは、顧客体験を向上させ、不正防止レベルを維持するのに有用です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]