医薬品包装の市場規模、2026年に1781億米ドル到達予想

医薬品包装の市場規模は、2020年~2026年にCAGR 10.4%で成長し、2026年には1781億米ドルに達すると予想されています。医薬品包装とは、医薬品の完全性を保護、識別、防止するために、医薬品と相性の良い素材を用いて包装するプロセスを指します。

インド、ブラジル、中国などの発展途上国では、人口の増加、可処分所得の増加、平均寿命の延伸などを背景に、医薬品産業が大きく成長しており、市場の成長を支えていると考えられます。また、医薬品包装メーカーは、リサイクル可能な素材や生分解性の素材を採用することで、持続可能性を目指しており、市場の成長を促進しています。さらに、多くの企業が、自動注射器やプレフィルドシリンジのような便利なパッケージタイプを採用して市場機会を探っています。

医薬品包装市場の成長は、生物製剤のような使い勝手の良い医薬品の需要が増加していることにより、急増すると予想されています。生物製剤は、治療法が他にない病気の治療に重要な役割を果たします。動物、微生物、ヒト、植物の細胞を用いて製造され、汚染や熱に弱いという特徴があります。そのため、特殊な包装の需要が増加し、市場の成長を促進すると考えられます。

素材の展望

市場は素材別に、プラスチック・ポリマー、紙・板紙、ガラス、監視・モニタリング、その他に分類されます。プラスチック・ポリマーセグメントは、主要な市場シェアを占めており、今後もその優位性を維持すると予想されます。プラスチック・ポリマーセグメントには、ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリ塩化ビニル、テレフタレート、ポリスチレンなどの種類が含まれており、数多くの医薬品包装の製造に利用されています。

製品別の展望

市場は製品別に、プラスチックボトル、特殊袋、ラベル、ブリスターパック、非経口容器、クロージャー、その他に分類されます。2019年は、プラスチックボトルセグメントが最も高い成長を示しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]