モジュールチラーの市場規模、2026年に39億米ドル到達予想

モジュールチラーの市場規模は、2020年~2026年にCAGR7.8%で成長し、2026年には39億米ドルに達すると予想されています。チラーは、ホテル、病院、工場、レストラン、スポーツアリーナ、製造業などの様々な商業施設において、HVACコンポーネントとして重要な役割を果たしています。チラーシステムは最大のエネルギーを消費するシステムであり、多くの業界でこの事実は知られています。

1台の大型冷凍機を作るために、モジュールチラーは他のモジュールと統合され、パッケージ式冷凍機として利用されます。各モジュールには、冷媒、コンプレッサー、レギュレーターが搭載されており、1つのモジュールが動作できなくなっても、残りのモジュールが動作を継続できるようになっています。冷却能力を向上させるために、これらのモジュールは6台から12台まで並列に接続されています。モジュールチラーは、冷房、狭いスペース、レトロフィットなどを想定したソリューションとして考えられており、理想的な室内温度を保つことができます。モジュールチラーは、拡張性、大容量制御、柔軟性、サービス性、冗長性、エネルギー効率など、さまざまな機能を備えています。

さらに、インド、中国、ブラジルなどの発展途上国では、建設活動への高い投資が行われており、モジュールチラー市場の成長が刺激されると予想されています。

製品タイプ別の展望

市場は製品タイプ別に、水冷式と空冷式に分類されます。2019年は、水冷式モジュールチラーが主要なセグメントとなっています。水冷式チラーシステムは、蒸発した水を補うために大量の水を供給する必要があります。

アプリケーションの展望

市場はアプリケーション別に、商業、工業、住宅に分かれています。2019年は、商業セグメントが最も高いシェアを獲得しました。裁判所、銀行、企業のオフィスなどの商業施設は、負荷変動が大きく、1年中冷却が必要です。これらの施設は閉鎖することができないため、モジュールチラーであれば、工場で組み立ててから現場に設置することが可能です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]