医療分野における複合現実の市場規模、2026年に7億2390万米ドル到達予測

医療分野における複合現実(MR)の市場規模は、2020年~2026年にCAGR 57.3%で成長し、2026年には7億2390万米ドルに達すると予測されています。仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の両方を融合させ、現実の環境とデジタル要素を組み合わせることを複合現実と呼びます。この新しい技術は、ヘルスケア分野で大規模な応用が可能です。複合現実は、医学生の訓練における死体の使用を減らすことから、患者のPTSD(心的外傷後ストレス障害)への関与療法、拡張現実を利用した脳腫瘍の術前視覚化まで、様々な応用が可能であり、ヘルスケアの分野で実現可能な選択肢であると思われます。

ヘルスケア分野に複合現実技術を導入することで、運用環境を向上させることができます。現実の環境を向上させるために、MR技術はARの助けを借りて静的な画像を動かし、VRは観察者をシミュレートされた3D環境に導くことができます。医療分野におけるITソリューションの導入により、患者の治療や医療機関が提供するサービスは、今後も大きく変わるでしょう。

複合現実を利用することで、外科医は遠く離れた人の手術を行うことができます。また、看護師は、スキルを磨き、患者に触れることなくバーチャルな方法で数々の手術を行うことができるようになります。この新しい技術は、現実の世界と仮想の世界を統合し、これまで不可能だったソリューションを開発します。ヘルスケア分野では、この技術が重要な役割を果たしており、物理的なものとデジタルなものを効率的に連携させることができます。

コンポーネントの展望

市場はコンポーネント別に、ソフトウェア、コンテンツとアプリケーション、ハードウェアに分類されます。ここでは、ソフトウェアセグメントが、最も高いシェアを占めています。これは、ユーザーがソフトウェアの利用に慣れてきたことや、ヘルスケアの様々な目的でソフトウェアプラットフォームを利用することへの認識が高まってきたことなどが理由として挙げられます。

アプリケーションの展望

市場はアプリケーション別に、患者管理、手術・手術シミュレーション、医療トレーニング・教育、フィットネス管理、その他のアプリケーションに分類されます。外科・手術シミュレーション部門は、高いCAGRを示すことが予想されます。これは、外科医にトレーニングを提供するために、複合現実のツールや技術の利用が増えているためです。さらに、トレーニングや術前計画に複合現実技術を導入する外科医が増えていることからも、今後の複合現実市場の成長が期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]