薬剤管理システムの市場規模、2026年に57億米ドル到達予想

薬剤管理システムの市場規模は、2020年~2026年にCAGR20.1% で成長し、2026年には57億米ドルに達すると予想されています。薬剤管理は、医薬品の投与、処方、供給のプロセスを可能にするもので、電子的に監視・認証することができます。ここ数年、薬剤管理市場は大きな成長を遂げています。これは、慢性疾患の罹患率の増加と高齢者人口の急増に起因しています。また、遠隔患者モニタリングサービスの需要が高まっていることから、コンピュータ化された医師用オーダーエントリーシステムの需要も年々増加しています。

病院がワークフローを改善するために投資を行っていることや、医療分野における技術の進歩、投薬ミスを減らすための取り組みなども、市場の成長に貢献しています。さらに、世界の医療業界ではITの導入が進んでいることから、市場の成長が期待されています。

薬剤管理システムは、調剤、在庫管理、薬物有害事象(ADE)の管理などの面で優れた機能を発揮します。医療従事者や薬剤師の不足が深刻化しており、効果的なワークフローを確保するために、薬剤管理ソフトウェアの導入が急増しています。

ソフトウェアタイプの展望

市場はソフトウェア別に、臨床意思決定支援システム ソリューション、コンピューター化された医師用オーダーエントリーシステム、在庫管理ソリューション、電子投薬管理記録、およびその他のソフトウェアに分類されます。この中では、コンピュータ化された医師用オーダーエントリーシステムが最大シェアを占めました。これは、患者の遠隔監視サービスや高度な医療システムの需要が高まっていることに起因します。また、慢性疾患の増加や高齢者の増加に伴い、臨床意思決定支援システムが最も高い成長率を示すと予想されています。

配信モードの展望

市場は配信モード別に、クラウドベース、ウェブベース、オンプレミスに分類されます。2019年は、クラウドベースセグメントが最大シェアを占めました。多数のプレイヤーが、クライアントやステークホルダーと情報を共有することができ、遠隔地の情報に簡単にアクセスできる利点からも、クラウドベースソリューションの開発が進められています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]