デジタル決済の市場規模、2026年に1758億米ドル到達予測

デジタル決済の市場規模は、2020年~2026年にCAGR 20%で成長し、2026年には1758億米ドルに達すると予測されています。物理的な金銭のやり取りを伴わない、デジタル媒体を介して行われる取引をデジタル決済と呼びます。このプロセスでは、お金の送り手と受け手の両方が、デジタル決済媒体を使ってお金を交換します。デジタル決済は、BFSIセクターにデジタルトランスフォーメーションをもたらし、市場の成長をさらに後押ししています。

また、世界各国でデジタル決済の普及に向けた取り組みが進んでいることも、市場拡大の一因となっています。スマートフォンの普及、非接触型決済への需要の高まり、リアルタイム決済の普及、顧客の期待の高まりなども、市場の成長を促進する要因となっています。さらに、世界的に銀行を利用する人口が増加していることや、オープンバンキングAPIの採用が進んでいること、規則や規制に好ましい変化が起きていることなどと合わせ、市場に新たな道を開くものと考えられます。

COVID-19の発生により、製造業、接客業、ヘルスケア、物流、小売業、運輸業など多くの分野の業務に影響が出ています。さらに、教育、BFSI、IT・通信、政府、エネルギー・公益事業などの分野にも中程度の影響を与えています。パンデミック以降、非接触型決済手段の利用と導入が増加しています。

電子財布は、P2P(ピア・ツー・ピア)送金、顧客から企業への支払い、必要な商品やサービスの請求書の支払いなどで高い人気を博しています。一方で、一部のウォレットプロバイダーが手数料を引き上げたため、ベンダーはウォレットをお金の取引に使わなくなってしまいました。

コンポーネントの展望

市場はコンポーネント別に、ソリューションとサービスに分類されます。ソリューション分野は、決済処理、決済ゲートウェイ、アプリケーション・プログラム・インターフェース、トランザクション・リスク管理、決済セキュリティ・不正管理、その他に分かれており、高いCAGRを記録すると予想されています。

デプロイメントタイプの展望

市場はデプロイメントタイプ別に、オンプレミスとクラウドに分類されます。2019年は、オンプレミスカテゴリーが高いシェアを占めました。デジタル決済ソリューションのオンプレミス導入は、企業のITスタッフが簡単に管理できるアプリケーションやシステムのコントロールを実現するのに役立ちます。同時に、企業はオンプレミス型のデジタルペイメントソリューションを利用することで、システムやアプリケーションを不正行為から守ることができます。

エンドユーザーの展望

市場はエンドユーザー別に、BFSI、小売・eコマース、運輸・物流、ヘルスケア、通信・IT、メディア・エンターテインメント、その他に分類されます。BFSIカテゴリーは、2019年に高い市場シェアを獲得しました。低・中所得国への送金が増加していることが、市場の成長を促進すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]