殺菌・消毒剤の市場規模、2026年に896億米ドル到達予想

殺菌・消毒剤の市場規模は、2020年~2026年にCAGR 21.2%で成長し、2026年には896億米ドルに達すると予想されています。殺菌・消毒剤は、抗感染性かつ非選択性で、局所的に適用できる薬剤と考えられています。これらの薬剤の目的は、適用部位の微生物を死滅させ、より安全な健康限界内に抑えることです。

通常、殺菌剤は感染症の原因となる微生物を死滅させるために使用されます。消毒剤は、生物のいない表面や物に使用される殺菌化合物のことです。場合によっては、1つの化合物が殺菌・消毒剤の両方の役割を果たすこともありますが、薬剤の濃度、生物の数、暴露条件などの条件に依存します。これらの殺菌・消毒剤は、目的とする効果を最大限に発揮させるために、薬剤や化合物を適切な割合で使用することが重要になります。

殺菌・消毒剤には、微生物を殺すために使用される殺生物剤のような化学物質が多く含まれています。消毒剤はドアノブやテーブルの表面など、生物のいないものに使用されますが、殺菌剤は微生物を殺すためにあらゆる生物に使用されます。殺菌・消毒剤に共通して使用される薬剤は過酸化水素です。また、グラム陽性菌に効果のあるクロロキシレノールも含まれています。これらの化学物質は、医療、食品、その他の主要分野で広く使用されています。

販売チャネルの展望

市場は販売チャネル別に、B2BとFMCGに分けられます。B2Bカテゴリーは2019年に最大の市場シェアを獲得しました。これは、組織がこれらの製品を他の企業に直接販売し、消費者には販売しないというものです。B2B流通チャネルは、より長い販売サイクルと高い注文価値を有していますが、B2Bビジネスへの参入には障壁があるため、その成長率は低いと考えられます。さらに、技術的に改良された製品を開発するための十分な投資がないことや、多数のプロバイダーとの調整に関する課題が存在します。

エンドユースの展望

市場はエンドユース別に、病院、臨床、その他に分類されます。病院数の増加と外科手術の増加は、今後の病院セグメントの成長の主な要因です。病院内の健康的な環境を促進するためには、適切な衛生環境を維持することが必要になります。さらに、院内感染の増加により、殺菌・消毒剤の需要が高まることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]