タバコの市場規模、2026年に1兆666億米ドル到達予測

タバコの市場規模は、2020~2026年CAGR3.6%で成長し、2026年には1兆666億米ドルに達すると予測されています。タバコは経済的に重要な農作物であり、世界中で栽培されています。インドは、中国、ブラジルに次ぐ、タバコの一大生産国および輸出国です。一方で、タバコは健康上のリスクや合併症を引き起こします。多くの受動喫煙者が、タバコの消費によって大きな被害を受けています。ニコチンの持つ高い中毒性により、喫煙者がタバコを止めることは非常に困難です。タバコが健康に深刻な害を及ぼすという事実にもかかわらず、タバコ産業はその経済的重要性から活況を呈しています。タバコ栽培は、その気候的な適正から、主にインド南部の州で行われています。

近年、喫煙者の数は世界的に増加しています。メンソールシガレットやクローブシガレットなど、様々なフレーバーの新製品の発売は、タバコの消費傾向を後押しする大きな要因です。また、タバコの代替品が一般化したことで、ユニークな味わいのタバコ製品が世界中で発売されるようになりました。このような背景から、メーカーは、フルーキュアタバコや上質なホールリーフを使用したプレミアムタバコの発売を計画しています。

製品別見通し

市場は製品別に、シガレット、葉巻・シガリロ、次世代製品、水パイプ、無煙たばこ、その他の製品に分類されます。2019年は、シガレット部門が高いシェアを占めました。シガレットは、たばこなど抗精神物質を薄紙に巻いた円筒状の製品を指します。シガレットの消費量は、発展途上国では増加し、高所得国では減少しています。中国は、世界最大のシガレット市場と考えられています。さまざまなフレーバーのたばこが登場したことで、世界的にたばこの普及が進んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]