半導体整流器の市場規模、2026年に66億米ドル到達予測

半導体整流器の市場規模は、2020年~2026年にCAGR 13.6%で成長し、2026年には66億米ドルに達すると予測されています。整流器は、電流を一方向にしか流せない2本のリードを持つ半導体です。主に、電圧の整流、信号の大きさの調整、電源からの信号の分離、電圧の参照などの目的で電気部品に使用されます。電子部品の回路では、この整流器の特性を利用して、電源電圧が誤って反転するのを防ぐためのガードとして使われています。この整流器は、あらゆる産業分野の電気部品に使用されています。

整流器市場の成長は、産業の自動化、家電製品やスマートフォンの需要増加、自動車の技術的進歩などによるものです。アジア太平洋地域は、可処分所得の増加に伴い、家電製品やスマートフォンの需要が増加しているため、整流器市場の高いシェアを占めると考えられます。

新興国におけるスマートグリッドの普及率の上昇や、最新の配電・発電インフラに対する政府の支出の増加は、整流器市場を牽引する主な要因の一つです。さらに、通信サービスや家電製品の増加が市場の成長を後押ししています。しかし、半導体整流器には技術的な問題や膨大なコストがかかるため、市場の成長を制限します。一方、自動車や電力産業など多くの用途で半導体整流ダイオードの需要が増加していることが、市場の成長を促進すると予想されます。さらに、電気部品の小型化は、今後の市場成長を牽引する主要な要因となります。

製品タイプ別見通し

市場は製品タイプ別に、単相と三相に分類されます。2019年は、単相セグメントが最高の市場シェアを獲得しました。単相整流器は、デバイスやデジタル電子機器の電源供給に必要なAC電圧・電流をDC電圧に変換するのに有用です。AC(交流)は、商業施設や家庭に供給される標準的な主電源です。しかし、デジタル電子機器の大半は、DC(直流)で動作するように開発されています。これらの整流器は、AC電力を互換性のあるDC電源に変換するために使用されます。

産業分野別の見通し

市場は産業分野別に、家庭用電化製品、自動車、電力・ユーティリティ、通信・IT、その他に分類されます。2019年は、家庭用電化製品のカテゴリーが最大シェアを獲得しました。この分野は、コンピュータ、ラップトップ、スマートフォン、その他のシステムなどで、エネルギー効率の向上や高周波整流のために半導体整流器を使用します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]