海藻スナックの市場規模、2026年に30億米ドル到達予測

海藻スナックの市場規模は、2020年~2026年にCAGR 13.2%で成長し、2026年には30億米ドルに達すると予想されています。海藻エキスは、食品、農業、化粧品、医薬品など様々な分野で使用されており、その用途は、産業によって異なります。農業分野では、海藻を農薬、園芸、肥料の成分として使用しています。食品業界では、海藻の健康効果を利用して、さまざまなスナック菓子の製造に使用しています。海藻エキスには、コレステロール値の低下、消化促進、体重減少などの効果があり、ダイエット食品として重要かつ効果的な役割を果たしています。

ここ数年、ビーガン製品の普及が進んでいます。世界中でビーガン人口が増加していることから、海藻スナック市場が拡大すると予想されます。カナダでは、動物性食品を使用せず、健康的でナチュラルな海藻スナックを求める人が多くいます。米国では、健康的なライフスタイルを目指して、動物性食品を使用しない人が多くいます。ビーガン人口の増加は、海藻スナック製品の需要を押し上げると考えられます。新しい素材を使った製品への需要が、市場の成長を牽引すると考えられます。

流通チャネル別見通し

市場は流通チャネル別に、オフラインとオンラインに分けられます。オンラインストアのセグメントは、最も高いCAGRを記録すると考えられます。魅力的な価格設定と自宅での買い物の利便性が相まって、オンラインプラットフォームを通じた製品の購入が増加しています。Tesco PLC、Amazon、Sainsbury’s、Asda Stores Ltd.、Instacartなどのオンラインプラットフォームは、主要なオンライン小売業者です。

製品別見通し

市場は製品別に、ストリップ・チップス、フレーク、バー、その他の製品に分類されています。2019年は、ストリップ・チップス部門が最高の市場シェアを獲得しました。この部門では、主要メーカーが革新的な製品を導入していることから、今後も市場は拡大すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]