プロバイオティクス化粧品の市場規模、2026年に4億米ドル到達予測

プロバイオティクス化粧品の市場規模は、2020年~2026にCAGR11%で成長し、2026年には4億米ドルに達すると予測されています。プロバイオティクススキンケア化粧品は、肌に存在する善玉微生物の治癒効果を高める美容製品と考えられています。また、皮膚の天然の免疫反応をコントロールし、皮膚の免疫力と回復力を生み出すため、高い需要があります。プロバイオティクススキンケア化粧品は、明るい肌を維持し、肌トラブルを防ぐのに有効であり、市場は拡大しています。

プロバイオティクス化粧品市場では、国内外の企業が主導権争いを繰り広げています。メーカーは、他社よりも優位に立つために、収益性が高く消費者に好まれる製品の開発を追求しています。また、品質向上のため、プロバイオティクスを他の製品と混合した化粧品の開発も手掛けています。

栄養補助食品としてプロバイオティクスの採用が増えていることが、市場の成長を後押ししています。これは、すべての肌タイプに適しており、湿疹、慢性炎症、酒さ、ニキビなどの問題を軽減するのに役立ちます。

この業界は、COVID-19パンデミックによる多大な影響を受けています。各国政府が、ウイルスの蔓延防止のために、自宅待機、監禁、店舗閉鎖などの対策を実施したため、売上が大幅に減少しました。今回のパンデミックで、消費者の意識が基本的なスキンケアにシフトしたため、プロバイオティクス製品の需要が減少したことが大きな原因です。顧客は、このような状況下で、安価で入手しやすい大衆向けのスキンケア製品を選ぶようになりました。

流通チャネル別の見通し

市場は流通チャネル別に、ハイパーマーケット・スーパーマーケット、薬局・ドラッグストア、Eコマース、その他に分類されます。2019年は、ハイパーマーケット・スーパーマーケット部門が最大シェアを獲得しました。ハイパーマーケットやスーパーマーケットなどのオフライン店舗は、プロバイオティクス化粧品により多くの販売スペースを設けることを計画しており、同部門の成長を促進すると予想されています。

製品別の見通し

市場は製品別に、スキンケアとヘアケアに分かれています。2019年は、スキンケア部門が最大シェアを占めました。プロバイオティクスは、ニキビ、シワ、シミなどの肌トラブルに有効です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]