穀物加工機器の市場規模、2026年に60億米ドル到達予測

穀物加工機器の市場規模は、2020年~2026年にCAGR 7.8%で成長し、2026年には60億米ドルに達すると予測されています。穀物処理は、穀粒の洗浄を行った後、水分量を調整し、機械を利用して大きさを調整します。穀物の収穫時には、穀物と一緒に不要な粒子が入ってきます。穀物を加工する前に、これらの不要な粒子を分離する必要があります。

穀物加工機器は、自動式と半自動式の2種類に分類されます。自動機器は人間の干渉を必要としませんが、半自動機器は人間の助けが必要になります。そのため、自動機は半自動機に比べてコストが高くなります。食品加工会社では、国内の工場で穀物を加工するために、穀物加工機を採用しています。穀物は、重力選別機、穀物乾燥機、破壊機、穀物格付機、穀物分離機、穀物プレクリーナー、トウモロコシ粉砕機、バイブロ破壊機、穀物排出機など、いくつかの前処理・加工機器の助けを借りて加工されます。

動作モード別見通し

市場は動作モード別に、自動と半自動に分類されます。2019年は、半自動の穀物加工機器が最大シェアを獲得しました。メーカーは、労働力の入手が容易であること、機器のコストが安いこと、設備投資や運用予算が最小限で済むことから、半自動機器を採用しています。

機械タイプ別見通し

市場は機械タイプ別に、前処理と加工に分類されます。加工タイプの機器は、今後の高い成長が予測できます。インド、中国、ドイツ、米国などでは、産業用オートメーションに多額の費用を投じています。加工食品の需要の増加とともに、加工機器の需要も拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]