脳の健康サプリメントの市場規模、2026年に113億米ドル到達予測

脳の健康サプリメントの市場規模は、2020年~2026年にCAGR11.6%で成長し、2026年には113億米ドルに達すると予測されています。脳の健康サプリメントは、植物由来の天然化合物で、記憶力や集中力などの脳の機能を向上させる効果があります。このサプリメントを摂取することで、うつ病、睡眠、不安などに効果があることが科学的に証明されています。脳の健康サプリメントが普及すれば、消費者の裾野が広がり、市場全体の拡大が期待できます。

天然化合物は効果が高く、身体への副作用が少ないため、市場では主流になっています。また、2020年~2026年の間には、ハーブエキスが高い市場成長率を示す可能性があります。これは、先進国でのハーブエキスに対する意識の高まりによるものです。

脳の健康サプリメントは、ビタミン、ミネラル、その他の微量元素で構成されています。集中力や記憶力を高めたり、ストレスを軽減するのに役立ちます。また、うつ病や不安神経症、認知症などの予防にもなります。脳の健康サプリメントは、多忙な生活や精神的なストレスが避けられない、現代のライフスタイルに効果的な製品となっています。販売形態には、錠剤、カプセル、粉末などがあります。

用途別見通し

市場は用途に基づいて、記憶強化、注意力・集中力、うつ・気分、睡眠・回復、アンチエイジング・長寿、ストレス・不安に分けられます。2019年は、記憶力強化セグメントが最大シェアを獲得しました。さらに、このセグメントは、この後も高いCAGRで成長すると推定されています。脳の健康サプリメントは、脳の機能にポジティブな影響を与え、記憶力や集中力を高めます。高齢者層における脳疾患の増加も、このセグメントの成長を支えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]