ボトルウォーターの市場規模、2026年に4035億米ドル到達予測

ボトルウォーターの市場規模は、2020~2026年にCAGR 14.1%で成長し、2026年には4035億米ドルに達すると予想されています。ボトルウォーターは、精製した純水をパッケージ化した飲料水で、パッケージの形態も、ペットボトルやガラス瓶などさまざまです。水分を補給する重要性から、ボトルウォーターは身近な小売店で簡単に入手できるようになりました。ボトルウォーター市場は、下痢、食中毒、腸チフスなどの水系疾患に対する意識の高まりが大きく影響しています。

過去数年の間に、様々な種類のプレーンウォーターやフレーバーウォーター、スパークリングウォーターが市場に登場し、広く人気のある飲料となりました。健康志向の高い消費者は、甘い飲み物の代わりにボトルウォーターを選んでいます。レストランや飲食店でもボトルウォーターの使用が増加しており、市場成長を促進すると考えられます。COVID-19パンデミックの発生は、ほぼすべての階層の人々や産業の各部門に社会経済的な影響を及ぼしました。この蔓延を抑えるために、英国、インド、フランス、イタリア、ロシア、米国など各国で、シェルターアットホーム、ソーシャルディスタンスの確保、ロックダウンが実施されています。

地域別の見通し

市場は地域別に、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに分類されます。2019年は、欧州地域のシェアが突出していました。消費者の健康意識の高まりとボトル飲料の利用率の高さが、この地域の市場成長を牽引すると予想されます。さらに、European Federation of Bottled Water(EFBW)などの業界団体は、天然温泉水やミネラルウォーターなどのボトルウォーターの優位性を提言しています。欧州諸国の中では、ドイツが炭酸水の主要市場として浮上しています。

製品別の見通し

市場は製品別に、精製水、ミネラルウォーター、湧水、スパークリングウォーター、蒸留水、その他に分類されます。2019年は、精製水セグメントが高いシェアを獲得しました。人口の急激な増加、水の消費、経済発展、都市化などにより、水の必要性が高まっています。気候変動や汚染、世界各国の水不足により、水の供給量は常に減少しており、ボトルウォーターの需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]