労働環境保全の市場規模、2026年に213億米ドル到達予測

労働環境保全の市場規模は、2020年~2026年にCAGR10.6%で成長し、2026年には213億米ドルに達すると予測されています。職場での死傷者数の増加に伴い、労働者の安全は大きな注目を集めています。安全システムを導入することで、これらの事故を防ぐことが可能になります。

労働環境保全システムは、致命的な危険の可能性のある状況から作業者を保護します。爆発、高所からの落下、視界不良、高騒音などがその例です。厳しい労働安全衛生基準により、工場やオフィスでこれらのシステムの使用が義務付けられていることや、急速な都市化が、労働環境保全システムの導入を促進すると考えられています。

労働環境保全システムは、安全に対する関心の高まりによって促進されています。また、石油・ガス産業、製造業、化学産業などの需要の高まりも、労働環境保全システムの導入を後押しすると考えられます。さらに、NIOSH(National Institute of Occupational Safety and Health)、NFPA(National Fire Protection Association)、OSHA(Occupational Safety and Health Administration)の規制により、安全システムを利用する産業が増えており、労働環境保全システム市場の発展につながっています。

COVID-19のワクチンが開発され、早期に配布される可能性が高まったことで、産業界は徐々に正常な状態に戻りつつあります。COVID-19パンデミックの可能性を少しでも排除するために、ソーシャルディスタンスの確保や、除菌による一貫したパーソナルケアが義務づけられているため、職場の安全性に関するこの傾向はさらに拡大すると考えられます。企業は、規制を厳密に守り、より良いビジネス環境を確保するために、スマートウェアを強化することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]