再利用可能フェイスマスクの市場規模、2025年に68億米ドル到達予測

再利用可能フェイスマスクの市場規模は、2019~2025年にCAGR35.2%で成長し、2025年には68億米ドルに達すると予想されています。マスクは、空気中に存在する人体に有害な汚染物質が、呼吸器系に侵入するのを防ぐために使用されます。再利用可能フェイスマスクは、一般的にコットンとナイロンで作られています。綿製のマスクは、最低4層で構成されています。この層は、汚染物質が鼻や口に侵入することを防ぎます。さらに、マスクの上にナイロンの層を加えることで、フィット感を高め、マスクの粒子ろ過効果を高めることができます。

COVID-19パンデミックの際にフェイスマスクが不足した結果、再利用可能フェイスマスクの人気が高まりました。これは、使い捨ての医療用マスクに比べて、費用対効果が高く、環境に優しいことに起因しています。再利用可能フェイスマスクは、低密度の編み目と透過性のあるフィルターを重ねて作られており、通気性が良いとされています。また、熱伝導性の高い素材を使用しており、水蒸気の透過性にも優れているため、体から出る水分や熱を速やかに排出することができ、劣化しにくいため、快適な装着感を実現しています。

使い捨てマスクの場合、装着後、マスクの位置の再調整が必要となります。マスクを頻繁に触ると、手を経由して顔や鼻、口に病原体が移るリスクが高まります。米国疾病管理予防センター(CDC)は、頻繁に手を洗い、顔に触れないようにすることを推奨しています。つまり、手でマスクの位置を調整するたびに、マスクを汚染することになります。外部環境にさらされているマスクの表面は、汚れていると考えるべきです。

素材別見通し

市場は素材別に、コットン、ナイロン、その他の素材に分けられ、ナイロン素材のセグメントが突出したCAGRで成長すると予測されます。大手メーカーは、市場での地位を確立するために、素材の改革に注力しています。ナイロン素材のマスクは、PM2.5などの大気汚染物質からの保護層を追加することが出来ます。しかし、市場での製品の差別化は達成出来ていません。主要なメーカーは、多くの消費者を魅了するために、再利用可能フェイスマスクの生地や型を増やしています。

用途別見通し

市場は用途別に、商業用と個人用に分けられ、個人用セグメントが市場を独占しています。これは、消費者間で個人使用の需要が圧倒的に高いことによります。再利用可能なマスクは、使い捨てマスクやサージカルマスクと比較して、洗濯が可能で耐久性が高く、カスタマイズできることで、様々なデザインや生地が市場に出回っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]