リアルタイム決済の市場規模、2026年に625億米ドル到達予測

リアルタイム決済の市場規模は、2020年~2026年にCAGR32.3%で成長し、2026年には625億米ドルに達すると予測されています。リアルタイム決済とは、安全なペイメントゲートウェイを利用して迅速な資金移動を可能にする電子・デジタルペイメントとされています。電子商取引のようなウェブベースのビジネスの創出や携帯電話の普及に加え、中小企業における迅速で有益な決済ソリューションへのニーズの高まりが、リアルタイム決済市場を押し上げると予想されます。

リアルタイム決済のフレームワークは、ベンダーや買い物客にとって問題となっていた、支払いや返金に関するペイメントパートナーの理解を大幅に深めることができ、処理や清算に数日かかることもなくなります。リアルタイム決済・ソリューションは、スピード、セキュリティ、透明性の面でメリットがあるため、小売・インターネットビジネス、BFSI、IT・通信などの様々なベンチャー企業で採用されています。また、取引業者や企業顧客からの決済関連情報の分析に対する要求が高まっていることも、市場の成長を促進しています。

リアルタイム決済市場は、世界中で携帯電話が普及し、ベンダーやバイヤーの間で金銭取引の迅速な決済や返済に対する需要が高まっていることが主な要因となっています。さらに、ウェブベースのビジネスを行う小売業者や小売店のオーナーが、リアルタイム決済・ソリューションを受け入れつつあることも、市場の成長を後押しすると予想されます。これらのソリューションは、多くの電子技術と比較して、迅速な取引速度、リアルタイムメッセージング、幅広いデータ取引、ベンダーや企業組織への24時間365日のアクセスなどの利点があります。

導入タイプ別見通し

市場は導入タイプ別に、オンプレミスとクラウドに分けられます。最も高い成長率を示すのはクラウドセグメントです。モバイルベースの決済は世界中で導入が進んでおり、近年のクラウドセグメントの成長を後押ししています。市場における新たな成長機会は、IoTベースの決済の導入が急増していることにより発生しています。スマートシティプロジェクトの継続的な導入や、無人小売店の増加は、クラウドセグメントの成長を後押しする重要な要因の一つです。

コンポーネント別見通し

市場はコンポーネント別に、ソリューションとサービスに分かれています。2019年のリアルタイム決済市場は、ソリューションセグメントが主流でした。ソリューションセグメントはさらに、ペイメントゲートウェイ、決済処理、セキュリティ・フラウド管理に二分されます。ペイメントゲートウェイは、オンライン決済ポータルと店舗内ゲートウェイに基づいて支払いを収集します。ペイメントゲートウェイのサービスプロバイダーは、特にオンライン決済の数の急増に注目しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]