プレディクティブダイヤラーソフトウェアの市場規模、2026年に66億米ドル到達予測

プレディクティブダイヤラーソフトウェアの市場規模は、2020~2026年にCAGR35%で成長し、2026年には66億米ドルに達すると予測されています。プレディクティブダイヤラーソフトウェアは、統計的なアルゴリズムに基づいて、コンタクトセンターのエージェントの空き状況を予測したり、電話に応答するための標準的な時間を評価したりするのに役立ちます。同時に、コンタクトセンターのエージェントの稼働率の予測と、電話応答の標準時間の評価を行います。多くの顧客を獲得するために、企業はこのシステムを広く採用しています。さらに、プレディクティブダイヤラーは、電話番号のリストから番号をダイヤルすることができ、ボイスメールのメッセージ、切断された電話番号、通話中の信号、未回答の電話番号を識別することができます。この高度なシステムにより、企業は緊急事態やサービスに関する問題の最新情報を顧客に伝えることができます。

各国の企業がプレディクティブダイヤラーソフトウェアを使用して、自動ダイヤラー技術の恩恵を受けています。この技術は、企業とその顧客をリアルタイムで結びつけるのに役立ちます。このソフトウェアの助けを借りて、コンタクトセンターのエージェントは、販売ベンチマークとクォータに応じて呼び出し率を調整したり、顧客の情報にアクセスし、次のコールを確定することができます。

プレディクティブダイヤラーソフトウェアは、コンタクトセンターのエージェントが大量の通話を効率的に管理するのに役立ちます。また、このソフトウェアは、少ない人員でもエージェントの効率性と生産性を高めることができます。COVID-19パンデミックにより、多くの企業が限られた人数で業務を行う必要があるため、プレディクティブダイヤラーソフトウェアの需要が高まると考えられます。

企業規模別見通し

市場は企業規模別に、大企業と中小企業に分けられます。2019年は大企業セグメントが市場シェアを占めました。インサイドセールス、コールドコール、カスタマーサポートのパフォーマンスを目的としたプレディクティブダイヤラーソフトウェアの導入は、ますます盛んに行われています。このソフトウェアは通常、短いスパンで多数の顧客の通話を管理するように設計されているため、大企業の運用に有効です。大企業のコンタクトセンターのエージェントは、このソフトウェアに組み込まれた高度なアルゴリズムにより、待ち時間を減らし、効率を高めることが出来ます。

コンポーネント別見通し

市場はコンポーネント別に、ソフトウェアとサービスに分かれています。2019年は、ソフトウェアセグメントが最大シェアを獲得しました。このソフトウェアは、偽の番号やビジーシグナルをスキップするのに十分な効率性を備えているため、顧客の通話率を高めるのに役立ちます。また、平均通話時間を短縮することで、顧客体験をアップグレードするのにも役立ちます。企業は無駄な時間を短縮するためにプレディクティブダイヤラーソフトウェアを採用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]