チップレスRFIDの市場規模、2026年に32億米ドル到達予測

チップレスRFIDの市場規模は、2020年~2026年に24.2%で成長し、2026年には32億米ドルに達すると予測されています。アクセス管理、非接触型決済、料金徴収、商品や動物の追跡など、さまざまな商業分野でRFIDの応用に焦点が当てられるようになってきました。これは、非接触型の識別技術としてRFID(Radio Frequency Identification)技術が登場したことによるものです。従来のRFIDタグにはチップが搭載されていたため、タグを付けた製品の完成コストが高くなっていました。そのため、タグを付けた商品にコストをかけずに幅広く利用できる、低コストのRFIDタグの需要が高まっています。

チップレスRFID市場は、今後も大きな成長が見込まれています。同市場の成長は、高精度、低製造コスト、より多くの機能を提供するなどの要因によって牽引されています。また、小売業者がチップレスRFIDに重点を置くようになってきており、市場に有利な機会をもたらすことが予想されます。チップレスRFID市場は、製造業の活況や、COVID-19パンデミックによる世界各国の連邦予算の優遇措置など、さまざまな要因によって成長が見込まれています。一方で、膨大な初期投資コストが抑制要因となっています。

製品タイプ別見込み

市場は製品タイプ別に、タグとリーダーに分類されます。RFIDタグは、効率的なサプライチェーンマネジメントへのニーズにより、市場を牽引することが期待されています。チップレスRFIDは、2KBまでの製品のデータを保存し、タグ付けされます。RFIDタグは、顧客がカウンターに来たときに、商品を逐一スキャンしなくても、価格やその他の詳細情報を自動的に記録することができるため、無駄な時間を使わすことがありません。

周波数別見通し

周波数別に、高周波、低周波、超高周波に分類されます。2019年は、高周波セグメントが高いシェアを占めました。さらに、超高周波の市場規模は、2020年~2026年にCAGR 24.8%を記録すると予測されます。高周波数では、範囲内にあるすべてのチップレスRFIDを瞬時に検出し、そのデータをシステムのデータベースで監視することが可能です。そのため、人為的な手間やミスを減らし、優れた精度を実現します。また、チップレスRFIDは、読み取り・書き込みが可能であること、自動化が可能であること、あらゆるアイテムや資産を明確に識別可能などの特徴があります。

エンドユーザー別見通し

市場はエンドユーザー別に、物流・輸送、BFSI、小売、ヘルスケア、その他に分類されています。輸送・物流分野は、公共交通機関の市場が拡大していることから需要が高まり、重要なアプリケーションとなることが予想されます。同部門の成長は、インド、中国、ブラジルなどにおける近代的なインフラの整備によって後押しされることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]