ウェアラブル決済機器の市場規模、2026年に429億米ドル到達予測

ウェアラブル決済機器の市場規模は、2020年~2026年にCAGR27.2%で成長し、2026年には429億米ドルに達すると予測されています。消費者が商品やサービスを購入する際に、ウェアラブルデバイスに搭載された高度な技術による安全な決済方法をウェアラブル決済と呼びます。

ウェアラブル決済は、ベンダーや小売業者にとって、より安全でミスのない決済方法を提供するもので、多くの小売業者や組織ではタップ&ゴーペイメントと呼ばれています。さらに、いくつかの銀行や金融機関は、ウェアラブル決済のオプションを提供することで顧客基盤を広げ、屋外でのショッピングをより便利にしています。また、スマートフォンの普及や、従来の銀行の決済方法に比べて取引が容易であることから、近年、非接触型決済やウェアラブル決済の採用が増加しています。

同市場の成長は、ホストカードエミュレーション(HCE)の需要の高まりと、キャッシュレス取引の増加に起因しています。HCEは、モバイル機器やウェアラブル機器が、認証された要素への接続に依存することなく、NFC(Near Field Communication)対応機器でのカードイミテーションを可能にします。さらに、ウェアラブル決済デバイスの需要の高まりは、高速な決済機能によるものであり、2026年までの市場成長を後押しするものと考えられます。

ウェアラブル決済デバイスを採用しているe-バンキング・プラットフォームは数多くあります。これらの電子銀行プラットフォームは、スムーズな支払いを可能にするNFC技術を取引業務に組み込むことを目指しています。さらに、NFC技術を実装するためのコスト削減が、この技術の需要を促進しています。この技術は、デバイスからNFCタグやスマートフォンなどの複数の非接触型決済端末にデータを転送することができ、企業で広く利用されています。

アプリケーション別見通し

市場はアプリケーション別に、小売、交通、フェスティバル・ライフイベント、フィットネス、ヘルスケア、その他に分類されています。2019年は小売カテゴリーが市場を支配しました。小売カテゴリーの成長は、地元の店舗や市場、Eコマースにおけるキャッシュレス決済の需要が高まっていることに起因しています。さらに、世界中のさまざまな小売業者が、ウェアラブル決済デバイスの利用を促進するため、非接触型決済技術の周知に取り組んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]